「社員のダイエット」にあの手この手 知恵絞る企業、最も効果的なのは・・・

印刷

   毎日コンビニ弁当、飲み会のシメにはラーメンが当たり前、仕事で疲れるから「運動なんてムリ!」・・・そんなビジネスパーソンも多そうだが、最近では会社が、従業員の「健康」やダイエットに、気を配る動きが加速している。

   今(2015)年5月には、経済産業省が「アクションプラン2015」をまとめた。資料では、「健康経営」というキーワードに言及。従業員の健康支援こそが、生産性アップや人材確保、そして医療費の抑制につながるとの考え方だ。社員の健康に配慮する企業への「認定制度」(「健康経営優良企業認定制度」)も、検討されている。企業によっては、すでに従業員の「ダイエット支援」に取り組むケースまで出てきた。ダイエットに悩むビジネスパーソンたちにとって、福音となるか?

1キロ減量で「5000円」

ダイエットの王道とは
ダイエットの王道とは

   週刊誌「AERA」ではこのほど、「この夏、カラダを変える!」という大特集を組んだ(15年7月20日号)。特集では、健康な社員を増やすため、ユニークな取り組みを行う企業を紹介。

   事務機器大手イトーキ(本社・大阪)の、東京オフィスでは、さまざまな高さの机が並んでいる。働きながら健康増進を目指す「ワークサイズ」の一環で、机の高さに比例して、デスクワークの消費カロリーが上がるという。32人の社員が、1日2時間、天板の高いデスクを使って立ち仕事をしたところ、ウエストが6週間で平均0.8センチ細くなったそうだ。

   さらに特集では、社員がダイエットに成功したら報酬を出す企業も紹介。ゲームアプリなどを手がけるバンク・オブ・イノベーション(本社・東京)では、「1キロ5000円」のダイエット手当制度を設けている。

   「1キロ5000円」という数字について、ツイッターでは、さまざまな意見が見られた。「1キロ5000円か・・・いいな~」とか、「うちの会社もしてくれないかな」という意見が目立つ。一方、「(スタート時)太ってる方が有利www(--;)なのか?」という、やや不満気なつぶやきも。痩せたらおトク、という制度は、元から痩せている人にとっては、不公平に映るのかもしれない。

「会社に行くストレスだけで、自然と痩せる」

   毎日新聞には、「『健康一番』企業が応援」という特集があった(8月10日)。記事では、ローソン(本社・東京)の取り組みを紹介。同社は、6月から、健康診断の受診や「毎日血圧を測る」など、「健康宣言」をした社員に、コンビニなどで利用できるポイントを付与する試みを開始。一方、「健康診断を受けない」場合、本人は賞与を15%カット、上司は10%カットされるようにした。その結果、「健康診断の受診率」は、なんと100%に達したそうだ。

   社員の健康や、ダイエットに気を配る企業・・・だが、ツイッターを見ると、「会社でダイエット」は、なかなか上手くいかないようだ。「ダイエットしなきゃといいながら、会社の人と串カツ食べてます(笑)」とか、「おやつは堂島アイスロール! 会社で配られた。ダイエットはどこへ?」など、「付き合いを断れない」という人も、多そうだ。

   一方で、「うちは従業員には黒い会社ですwダイエットにはいいですよ! 倒れちゃうからお勧めできませんが(;>_<;)」とか、「ストレス。毎日会社に行くだけで、運動せずともあっとゆう間にほっそりボティ! これ不健康ダイエットwwww」という声も、結構あった。ダイエットは結構だが、やはり健康的に行いたいものだ。(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中