職業別「生涯未婚率」に注目集まる 「あかん、とんだ職業についてもうた」と茫然自失の人も

印刷

   どんな職業に就いたかで、ある程度「将来、結婚できるかどうか」が予測できる・・・!? 先日、こんなコラムが公表され、ネットで話題沸騰中だ。コラムは、教育社会学者の舞田敏彦氏が、ニューズウィーク日本版に寄せたもの(「生涯未婚率は職業によってこんなに違う~男女差が最大の医師では、女性の未婚率が男性の10倍以上~」2015年9月1日配信)。

   同コラムではまず、総務省『国勢調査』より、1950年に1.4%だった「生涯未婚率」(50歳時点で結婚したことがない人の割合)が、2010年では15.1%にまで上がっていることを指摘。ただ、職業ごとに「生涯未婚率」は大きく異なる。そこでコラムでは、12年の総務省『就業構造基本調査』のデータをもとに、「職業別の生涯未婚率」を、男女別に算出。結果は、衝撃的なものだった・・・。

「教員」の生涯未婚率は低い

結婚、か・・・
結婚、か・・・

   コラムによれば、生涯未婚率の高さが際立っているのは、「音楽家・舞台芸術家」(男性:36%、女性:50%)。「芸術家・デザイナー、著述家・記者・編集者」など、自分の作品を創作、表現するタイプの仕事でも、生涯未婚率は高い。分析した舞田敏彦氏は、これらの職業が「仕事へのコミットメントの度合いが高く、生活も不規則(不安定)になりがちだからだろう」とコメントした。一方、「教員」の生涯未婚率は低いという。

   女性の生涯未婚率が、男性より際立って高いのは「医師」。生涯未婚率が、「男性2.8%」に対し、女性は「35.9%」と、10倍以上だ。一方、「男性の生涯未婚率が女性よりも高い職業」は、「サービス職」や「労務職」だという。

   同記事には、公開後1週間あまりで、1100件を超すツイート反応が寄せられている。「女性は高収入だと激務の人が多いのか、敬遠されやすいのかな? 女医さんはあまりモテないみたい」とか、「女性の音楽家って未婚の人がこんなに多いのね。結婚したい人は趣味でピアノを弾くくらいの方がいいかもしれない・・・」など、「結婚できないかもしれない女性の『職業』」に、思いを馳せる人も多い。

男女とも「情報処理技術者」では高い

   男女ともに、「情報処理技術者」の生涯未婚率が高いことについて、「女性情報処理技術者の生涯未婚率(50%強)は異常・・・」とか、「情報処理技術者は男女ともに長時間労働が原因になってくるのかな」と、指摘する人もいる。ツイッターでは、「私は、元は技術者・・・にあたるから今に至る・・・?」と、独身らしき女性がつぶやいているのも見つかった。

   自分の職種、業種の「未婚率が高い」ことに、ショックを受けた人も、少なくないようだ。どんな仕事についているかは分からないが、「あかん・・・とんだ職業についてもうた・・・」と、自虐まじりに嘆く人も。あなたの職業の「生涯未婚率」、いったいどのくらい?(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中