「1人暮らし」の方が「仕事がデキるようになる」 ・・・ってホント?

印刷

   1990年代後半、経済的に自立しているのに、実家を出ない社会人、「パラサイト・シングル」が話題になった。当時は「いい年になってもまだ、親に面倒を見てもらっており、可処分所得だけは高い若者」という、結構ネガティブなイメージで受け止められたが、今もなお「1人暮らしの方が、社会人にとってプラスなのでは?」と、考える人はいるようだ。

   質問サイト、教えて! goo には、こんな投稿があった。「1人暮らしをしたほうが、仕事ができる様になりますか?」(2015年10月16日)。質問者は「28歳男性」で、「1人暮らしをした方が、生きることに必死になりますから、営業成績も向上しますか? 人付き合いも、良くなりますか?」と、問いかけた。実際、どうなのだろうか。経験者たちからは、様々な意見が寄せられた。

「生きることに必死になるのはプラス」

実家を出るか、それとも・・・
実家を出るか、それとも・・・

   ある人は、「親元からの自立としての1人暮らしであれば、それはいろんな効果があります。まず、間違いなく、生きることに必死になるでしょうね」と、キッパリ。なぜならこれまで、「お父さん、お母さんがしてくれたことが全部なくなりますからね。部屋代、電気代、買い物、料理、洗濯、部屋掃除など(略)親がしてくれたことが、どれほど多かったかが分ります。そういう意味では、営業成績も向上し、人付き合いも良くなるでしょうね。なるというよりも、やらないとうまく生きてはいけないことが分ります」と、1人暮らしによるプラス面を挙げた。「自分ですべて上手くやらなくては」と、自立志向が高まり、仕事にも熱心になるのかもしれない。

   ただ、その回答者いわく、1人暮らしだと「寂しさから恋人を作るようになる」可能性があるため、注意が必要という。「いい人と知り合えればいいのですが、相手を間違うと身を滅ぼしますからね。それは男女共に注意したいですね」。『人付き合い』の程度さえ、間違えなければ、仕事にとってプラスということか。

「実家暮らしでも仕事ができる人はたくさんいる」

   全体としては、反論する声の方が多い。「1人暮らしになると、何かと自分1人で何でもしなくてはなりません。買い物・料理・洗濯・銀行(略)などなど。任せる人が家にいた方が、仕事に専念はできます」と、「できることなら、仕事に『専念』できる環境(親元など)のほうが良い」という回答者もいた。

   別の回答者は、「飲みに行ったら隣の人に話しかけるとか、何かのサークルに入ってみるとか、1人暮らしだと、そういう時間も家事に取られます」と、やはり1人暮らしのデメリットを強調。うーん、確かに、言われてみればそんな気もする。

   ただ、最後に意見した人は、1人暮らしと「仕事の出来」について、「全く関係ありません」と断言。「あなたは親元にいるから、ああだこうだとケチつけられているのでしょうか?」と疑問を呈しつつ、回答者の周りには、「親元で暮らしていて、大変頭が良く、仕事もとても出来る人もいました。自分に甘いか厳しいか、の違いは、1人暮らしか実家暮らしかとは関係ありません」と、やや厳しいアドバイス。結局自分を律することができるかどうかは、その人の性格によるもので、「誰と暮らしていようが関係ない」のだろうか・・・。(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中