鉄道係員へ「頭突き」「激高し殴打」・・・ 暴力件数、前年度より増える

印刷

   国土交通省は、全国の鉄道係員に対する2014年度の暴力行為があわせて887件あったと、2015年12月9日に発表した。13年度から35件増えた。発生件数は932件だった12年度よりは減っている。

6割が「飲酒」していた

鉄道係員への暴力が問題となっている
鉄道係員への暴力が問題となっている

   地域ごとの発生件数で一番多かったのは、東京都の304件で全体の34%を占めた。神奈川県が103件、大阪府が75件と続く。暴力行為をした人の62%の546件が飲酒をしていた。「不明」も20%あった。

   主な事例としては、走行中の列車内で乗客同士がもめていたため、駅到着後に駅員が仲裁に入った際に眉間を殴打されたり、終電車の車内で寝ていた乗客をホームに誘導した際に、駅員の左手を引っ掻き出血させたうえ、頭突きをするなどの暴行をふるわれたりした。また、特急電車で指定座席と異なる座席に座っている乗客に声をかけたところ、突然激高されて殴られたりした。加害者には高齢者が少なくなかった。

   国交省は鉄道の安全確保などに影響を与える恐れがあるため、注意を呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中