あの有名番組に出演できる? 「プロフェッショナル」気分にひたる方法
【ウェブサイト拝見】

印刷

   毎週月曜日の22時時からNHKで放送される「プロフェッショナル 仕事の流儀」。毎回、さまざまな分野の第一線で活躍しているプロフェッショナルに焦点をあて、その仕事を徹底的に掘り下げていくドキュメンタリー番組だ。

   2006年1月10日に放送を始めたこの番組は、今年でちょうど10周年を迎えた。その記念に昨年(15年)大晦日にリリースされたのが、動画作成アプリ「プロフェッショナル 私の流儀」だ。番組でおなじみのスガシカオさんの曲「Progress」を使って誰でも簡単に番組のようなショートムービーを作成できる。

簡単に自分のドキュメンタリー動画を作成

アプリで動画を作成するための4つのステップ
アプリで動画を作成するための4つのステップ

   スガシカオさんの優しい歌声を聞けば同番組を思い出す、というひとも少なくないだろう。番組は、この曲で始まり、「プロフェッショナルとは」という質問に対して、それぞれの業界でプロとして働いている人びとが自分の流儀を語るのがこの番組の特徴だ。

   例えば第1回目の放送で、星野リゾートの経営者、星野佳路さんは「常に完璧を目指そうとしている。完璧になるなんてことはおそらく生涯ありえないけれど、そこを淡々と目指している」と語っている。今回リリースされたアプリでは、そんな動画を自分でも作成できるというものだ。

   動画の撮影は4ステップ。「オープニング」でプロフィールの入力→「ドキュメント」で真剣に何かを取り組む様子を撮影→「インタビュー」は流儀を語る場面の撮影→最後は「エンディング」で流儀を入力して完成だ。

有名人も動画を自作公開

   それぞれ撮影時間が表示されていたり、撮影中は顔の位置や目線などをアドバイスしたりする。ものの5分程度で完成してしまうので、同僚や友人と作成して話のネタにするもよし、これから迎える歓送迎会シーズンで上司の紹介ムービーを作成するもいいだろう。

   自分で作成した動画は、アプリや特設サイトから「みんなの流儀図鑑」に投稿できるようになっている。特設サイト内にある「みんなの流儀図鑑」には、もうすでにいくつが投稿された動画が公表されている。

   特設サイトでは、NHKの人気アナウンサー有働由美子さんや、お笑い芸人の又吉直樹さん、脚本家の宮藤官九郎さんなど、有名人が自作した動画もアップロードされているので、それらを見るだけでも楽しめる。(執筆:中井千尋 編集:岡徳之)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中