会社の宴会、金曜は「ノー!」 だったら何曜日がいいのさ?

印刷

   金曜日の夜に飲み歩く「花の金曜日」、略して「花金」も、死語とみなされるようになって久しい。それでも、会社の宴会の設定となると、翌日の仕事に響かないよう金曜日の終業後とされる傾向がやはり強いのではないか、と思っていたら、最近は金曜以外の平日に宴会を行う職場が増えているらしい。「金曜の飲み会なんか嫌だ!」という率直な声まで聞こえてくるので、致し方ないということか。

花金はプライベートな楽しみに

とことん? 切り上げやすさ重視?
とことん? 切り上げやすさ重視?

   Q&Aサイト「教えて!goo」に、「オフィシャルな歓迎会(飲み会)の曜日について」というトピックが投稿された(2016年4月21日)。

   投稿者の職場では新入社員の歓迎会を兼ねた飲み会が5月に開かれるが、木曜日と聞いて「え~~金曜日の方がよかったな」と漏らしてしまった。すると50代の上司から、

「何をそんな今どき古臭い、最近では花金に飲み会なんて古い。花木と言うように、会社での飲み会は大概木曜日とか平日で、花金はプライベートな楽しみに充当するんだ」

と「世間知らず的に」たしなめられてしまったそうだ。

   ほかの上司や友人などに話を聞くと、休日前がいいという意見もあったというが、「やはり今どきは金曜日に会社の飲み会なんてナンセンスなのですか?」と、広く意見を求めている。

   ちなみに投稿者の会社は車通勤の社員が多く、飲まない人も結構いるという。ご当人も車通勤なので、飲まずに一次会で帰ると言い、「やはり翌日出勤かと思うと、気が重い」と愚痴っている。

翌日休みはトラブルのもと

   二次会、三次会が当たり前という職場からは、「飲み会はほとんど、金曜日が基本ですね」という回答が寄せられたが、やはり多数派は金曜NG。

「金曜日は、いろいろと予定が入っている人が多いのでは? 木曜日の飲み会のほうが、明日仕事だから......と切り上げやすいこともあります」
「金曜日は外した方が良いと思います。会社の飲み会で、翌日が休日だと、二次会三次会に誘われたり、酔ってお泊りだの、セクハラやトラブルの素です。『明日仕事なんだから』で切り上げられる程度が良いです」

など、金曜日は避けたいという声が強い。

「取引先との飲み会を金曜日に設定する場合、『皆様の貴重な週末をいただくことになり、誠に恐縮です』と添えるようにしています」

と、むしろ金曜日に飲み会を開くほうが気を遣う、という意見もあった。

飲みに行きたくない曜日は

   ニュースサイト「しらべぇ」で、「飲みに行きたくない平日ランキング」を公開しているのを見つけた(14年8月17日)。

   ちょっと前のデータだが、1位はダントツで「月曜」(71.4%)で、「金曜」が2位(13.8%)につけている。

   金曜日が嫌だという理由は、「早く家に帰って趣味の時間に費やして休日を満喫したり、家族の時間をつくりたい」などという、「教えて!goo」の投稿にもあった「プライベートな楽しみに充当したいから」と、「翌日が休みだと無茶をしなくてはならない可能性が高いから」という2パターンが多かったという。

   以下、「火曜」(6.2%)、「水曜」(5.2%)と続き、「木曜」(3.4%)が最も少なかった(調査は14年7月22日~25日にかけて、全国20代~60代の男女1500人を対象に、インターネットリサーチ「Qzoo」で実施)。

   このデータを見る限り、幹事が無難に木曜日を選択するのも理のあることと言えそうだ。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中