学歴不問どこ吹く風 年収800万円クラスがこだわる背景を探る

印刷

   「学歴が全てじゃない」という考え方が広く受け入れられつつあるように見える昨今だが、中堅のビジネスパーソンの間では依然根強く重視されていることが、最近のアンケート調査で明らかになった。さらに、「一番学歴にこだわる年収の層」の調査結果がちょっとした話題になっている。

課長より先に行くには学閥も必要

世間はまだまだ学歴を重視
世間はまだまだ学歴を重視

   気になる調査を実施したのは、ニュースサイト「日刊SPA!」だ(2016年5月5日結果公表)。

   30~49歳までのビジネスパーソン600人を対象に「学歴は必要だと思いますか?」とたずねたところ、YESが77.7%という結果に。

   さらにこの結果を年収別に分けると、「学歴は必要」と回答した割合が最も高かったのは、年収800万~1000万円の92.8%だった。以下、600万~800万円(87.4%)、1000万~1200万円(82.9%)と続き、全体の27.3%を占める200万~400万円で72.7%、同じく24.9%の400万~600万円で75.1%と平均を下回った。最もYESが低かったのが200万円未満の65.8%。1200万円以上も74.5%と比較的少なかった。

   なぜ800万~1000万円未満の年収の人が最も学歴にこだわるのか。調査結果を報じた記事では、

「課長までは順調に出世できたが、その先に行くには学閥もある程度必要だと思う。ウチの会社の場合、役員はみんな慶應大学卒ですから」(明治大学卒・40歳)
「高校の同窓会に参加したとき、友達がみな年収1000万円を越えてきた。進学校だったら、自分が行った大学は中の上。ほかは東大とか早稲田とか慶應とか。もっと頑張っておけばよかった」(関西学院大学・37歳)

という声を紹介し、

「年収800万円といえば、世の中からすれば順調に出世している人たちだ。だが、だからこそ出世の壁を感じてしまい、学歴による限界を感じてしまうこともある」

と分析している。

高年収稼ぐには知能とは別の才覚が必要

   「学歴に最もこだわるのは年収800万~1000万円の人」という興味深い結果に対しては、いくつもの解釈が試みられている。

   ツイッターでは、

「年収によって下層、中層、上層に分けた場合、下層と中層の間は知能レベルとの連動率が高いけど、中層から上層になるには知能とは別の才覚が必要だからじゃないかな?」
「それ以上の高所得層は高卒飲食経営とかが入ってくるから学歴が薄れるだけだよ」
「自力で這い上がった上限ラインがその辺だからじゃないの? それより上はすでに家が裕福でスタートラインが違うせいかも」

と議論がかまびすしい。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中