芸なし・才能なしはせめて「管理職」 いや、出世などやはり勘弁

印刷

   「出世したくない......」こんな本音を耳にする機会が増えてきたように思う。

   実際、20~39歳の働く男女の15.8%が「出世はしたくない」、43.4%が「出世にはあまりこだわっていない」と回答したという調査結果もある(クロス・マーケティング実施「若手社員の出世・昇進意識に関する調査」、2015年8月26日公表)。

   そんな身の丈志向のなか、「管理職を避けたら、遅かれ早かれ会社を去ることに」と冷ややかな見通しを打ち出す、ちょっとドキッとする内容の記事が公開された。

避けていると40代には

「ツケ」を払えと言われても
「ツケ」を払えと言われても

   件の記事は、研修講師・キャリアコンサルタントの安藤ゆかり氏によるもの。「管理職を避けて働く人が、40代から払う『ツケ』」というタイトルで時事問題のコラムサイト「JIJICO」に掲載されている(16年6月8日)。

「自分は、与えられた仕事は真面目にコツコツやり通すが、他の人を管理するような立場の仕事はしたくない。前職も、それを求められるようになったから辞めた」

などと言う人が若者から40代の働き盛りまで大変多くなっている、と現状を認識した上で、

「年収が上がれば、あなたにしか出来ない仕事をするか、または誰にも真似できないほど高いレベルの仕事をするか、そうでなければ何かの『管理職』をするのが、組織の中で働き続けるための選択肢」

と主張。どれもできないという人は、「雇い続ける理由はありません。遅かれ早かれこの人は、会社を去るしかなくなるでしょう」とバッサリ斬っている。

   要するに「芸」も「才能」もなければ、せめて「管理職」として生き残るしかない、というのが安藤氏の主張であり、

「あまり厳しい職業人生を選びたくないと思う人こそ、中間管理職にチャレンジするべき」
「管理職は確かに責任や気苦労も増えますが、それも自分のやり方次第。やり易いように仕向けることが管理の仕事そのもの」

とアドバイスしている。

「誰が希望するんですか」

   記事に対し、ツイッターでは様々な反応が発信されている。

「組織構成を考えれば加齢により全員が管理職に就くことはあり得ないが、管理職に求められるマインドを持つことは必要不可欠」
「労働力も商品だからね。これといった取り柄(=商品価値)が無い中年男でもできる仕事は、たしかに中間管理職くらいかも」

と安藤氏の見方に賛意が示される一方で、

「残業代出ない・仕事が減るわけじゃない・他人の面倒を見なくちゃいけない・会社の業績が悪いとボーナスカット、誰がなるか!」
「管理職なのに人材育成が出来ない世の中で、誰が管理職なんて希望するんですか!?」
「能力的に管理職ができるできないの話じゃなくて、割りに合わないのが目に見えてるのが問題なのであって」

と、「あくまで管理職ノー」の声も根強い。

   冒頭で紹介した出世・昇進意識に関する調査の「出世したくない理由」では、34.0%のビジネスパーソンが「出世をしても給与・年収がそれほど上がらないから」と答えている。 責任感や負担に見合った待遇が得られないケースも多い現状で、管理職に前向きになれ、なんてしょせん無理な話なのかも。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中