8月の東京で日本人を考える きつい労働は過酷な気候から

印刷

   今、この原稿を8月の東京で書いています。いつもそう思うのですが、東京は、気候的にかなり過酷な都市です。

   まずは、夏のこの暑さ。私が東南アジアに住んでいるという話をすると、たいていの人は「暑いでしょう」と言いますが、東京の8月は東南アジアを遙かに凌駕します。

  • 東京の暑さは過酷だ
    東京の暑さは過酷だ

案外しのげるプノンペンの暑さ

   そもそも東南アジアは、8月が1年で一番暑い時期ではないため、この月にカンボジアやフィリピン、シンガポールなどを訪れた人は「東京より涼しい」と感じます。

   カンボジアのプノンペンでは、一番暑い4月、気温的には東京の8月よりも高くなります。日光がものすごく強いため、日なたに出ると、自分がテリヤキになっている気分になります。

   しかし、日陰に入るとそうでもない。東京の8月の、蒸し風呂のような逃げ場のない暑さとは違います。

   これはおそらく、エアコンの普及率とも関係しているのでしょう。まだエアコンが入っている建物の少ないプノンペンは、温風機のようなエアコンの室外機が少ないため、たぶん空気が東京ほどには熱せられないのです。

   さらに台風まで来るので、東京の夏は本当に過酷です。

   春は花粉、初夏に梅雨、冬は極寒と、1年を通してつらい時期にたびたび見舞われる東京。重度の花粉症の私にとって、プノンペンより東京が過ごしやすいのは5月、7月、10月くらいしかありません。3勝9敗。しかも、年がら年じゅう気温30度以上のところに住んでいると、暑さに慣れて、エアコン要らずの身体になるので便利です。

   日本には「四季の恵み」という言葉があります。変化に富んだ気候であるがゆえに様々な農作物、海産物がとれ、季節ごとに咲く花をめでたり活動する動物を見ることができ、ビーチから雪山まであらゆる風景を見ることができます。

   一見結構ずくめのようでいて、そこには、労働者が過酷すぎる労働条件の下に働き、消費者が非常にコストパフォーマンスの高いサービスを享受する「働くには最低の国、生活するには最高の国、日本」の基底に通じるものがある気がします。

   日本のブラック労働の源泉は、この過酷な気候にあるのかもしれません。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中