カレーの後はマンガでまったり ココイチ、すきま時間の集客に

印刷

   日本全国に1240店舗(2016年8月末時点)を展開するカレーチェーン「CoCo壱番屋」(ココイチ)がここ数年、「マンガ」を充実させている。利便性を向上させ来店客増につなげようというねらいで、2016年5月末時点で約740店舗に設置されている。同チェーンを運営する壱番屋の広報担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「ランチとディナーの間の『アイドルタイム』の集客を目指す施策の1つ」と説明する。

ホットコーヒーの提供も

ランチとディナーの間には、マンガとコーヒーをどうぞ
ランチとディナーの間には、マンガとコーヒーをどうぞ

   ココイチがマンガの導入を始めたのは2010年ごろ。広報担当者は、

「食後にゆっくりとした時間を過ごしていただける場を、お客様に提供できればという思いから始めました。マンガを導入した店舗では『ホットコーヒー』の提供も始めています」

という。置かれるマンガは、本部が作成したリストの中から、それぞれの店の管理者が選ぶ。リストには数百種類のタイトルが並び、いずれも「本部の人間が1度は読んだことがあるもの」(同担当者)という。

   具体的にどんなマンガが置かれているのか。担当者は、『美味しんぼ』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『花より団子』などの例を挙げた上で、「食事の場で読んでも問題がないような、お客様に不快な思いをさせないものを選ぶようにしています」と説明した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中