常に転職を意識? アホか! 他社が誘いたくなる人材たれ(江上剛)

印刷
「終身雇用が揺らぐ現在、常に転職を意識しておいたほうがよいのでしょうか。転職の『しどき』はいつでしょうか」

   あんたアホちゃうか?と言いたくなる。仕事をしていて、常に転職を考えているなんて、今の仕事に身が入らないだろう。そんな人には、転職しようとしてもどこからも誘いは来ない。

  • 今いるその場所で
    今いるその場所で

その場所で力を発揮しなさい

   「転職の神様」っていう評論家がいるが、この方は、転職先の仕事でちゃんと成果を上げ、次々と誘いが来るから有利な転職ができるのだ。普通の人が、彼と同じ真似をしたら、単なる腰の定まらない人ということで、絶対に信用されない。

   一所懸命という言葉がある。「その場所で力を発揮しなさい」ということだ。また禅の教えでは「一」に帰るということを教える。それは人というものは、その時その時、一つの役割しか果たせないということだ。「あれもやりたい、これもやりたい、あれにもなりたい、これにもなりたい」などと心をふわふわさせていたら、ろくな者にならないということだ。

   だからあなたは今の仕事を一所懸命にやりなさい。

   その上で転職したくなったら、考えればいい。

   なぜこんなことを言うかというと、仕事とはスキルの積み重ねであり、人脈の形成だからだ。

引き留められるくらい仕事を

   転職を繰り返していると、スキルも人脈も中途半端になる。それでは転職のたびに条件が悪くなる。ハローワークに行ってもあなたにスキルがなければ、いい条件の仕事はない。

   そんなときに役立つのは人脈だ。あなたという人柄にほれ込んでくれる人がどれだけ作れるかということだ。あなたになんの資格がなくても、そんなことは関係ない。あなたの誠実な仕事ぶりや組織への献身ぶりに感心して、「ぜひ、うちに来てほしい」という人脈をどれだけ築けるかだ。

   もう一つ、絶対に真実であることを言ってあげると、今、働いている会社から引き留められるくらいの仕事をしなさいということだ。あなたが転職したいといってもさせてくれないほどなら、あちこちから転職の誘いがくるだろう。

   男と女の関係を考えてみよう。なかなか口説けない女には熱心になる。逆にすぐに口説ける女なら、そんなに熱心にならない。転職も同じだ。あなたがホイホイと誘いに乗るようなら、誘う会社も熱意がなくなる。誘っても誘っても誘いに乗らないと、誘うほうは必死になる。

   転職の「しどき」? あえて言うなら今の仕事を十分にやり切ったと思った時だろう。それと、家族のある人なら、家族に対する責任が果たせる時も重要だ。例えば住宅ローンが終わったとか、子供が大学卒業したとか。

   そんなことを言っていると、いつまでも転職できないじゃないかと言われるだろうが、その時は奥さんとの大喧嘩を覚悟したほうがいい。そして「しどき」とは、奥さんから、

「そんなに転職したいならどうぞしたらいい。私も応援するから」

という答えを引きだした時だね。(江上剛)

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中