東南アジアはあの世ほども遠いか 「大丈夫だ、帰ってこれる」

印刷

   漫画「ドラゴンボール」の主人公・孫悟空の名せりふにこのようなものがあります。

ブルマ「パパやママも殺されちゃうわ!」
孫悟空「大丈夫だ、ドラゴンボールで生きかえれる」

   人の生き死にに関して非常に軽く、たくさんの人が殺されることを容認する発言として叩かれがちで、「サイコパス」「人でなし」と罵られたりもします。ただ、このせりふ、ちゃんと物語の背景を理解していれば特に問題ないということも分かるはずです。

  • 東南アジアは遠いか? 恐ろしいか?
    東南アジアは遠いか? 恐ろしいか?

死んでも現世に戻ってこれる

   ドラゴンボールは、死んだあとも死後の世界で結構楽しくやっていけるという話。しかも、ドラゴンボールを使えば、結構簡単に現世にも戻ってこれるのです。まだ死んだことがないブルマにとって、「死」というのはものすごく恐ろしいものですが、孫悟空にとっては、死後の世界は簡単に行き来できる場所であり、一時的に地球人が全員殺されても、どうってことないと分かっています。だからこその冷静な言葉であるわけです。

   この部分を読んでみて私が感じるのは、日本人にとって「海外で働く」ということに関する感覚も、この悟空とブルマくらいの感覚の開きがあるんだろうなということです。

   あまり日本を出たことがない人にとって、海外とは未知の場所です。普通に生活していても物を盗まれる、仕事をしようとしたら騙される、夜道を歩いていたら殺される――それくらいの、恐怖を感じている人がたくさんいます。

   東南アジア海外就職に対して、いまだに「ブラジル移民は......」などと、戦前の話を持ち出す人までいます。当時は、ブラジルまで船で行くのに2か月近くもかかる、気持ちとしては命がけの渡航でしたが、現在東南アジアに行くのは片道2万円、6時間の小旅行なのですが。

   人は未知の場所に恐怖を感じます。しかし、実際に行ってみると、その恐怖は薄れる場合が多いです(実際に恐怖であることを確認する場合もなくはありませんが)。

   私は日常的に日本と海外を行き来しており、海外で楽しく暮らしている日本人1000人以上に会っています。そういう経験をしていると、

「海外なんか行ったら、殺されちゃうわ!」
「大丈夫だ、飛行機乗れば帰ってこれる」

と、気軽に言ってしまいます。

   ちなみに、物理的に帰ってくるのはものすごく簡単ですし、海外から帰ってきて日本で仕事がないってこともあまりありません。普通に日本国内で転職するのと変わりません。死後の世界には行ったことがないし、そもそもこの世界にドラゴンボールはないので、死ぬのはすごくイヤですが、飛行機も転職エージェントもあるこの世界で、海外に恐れをなす必要はありません。

   怖がらず、どんどん外の世界に足を踏み出してみてください。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中