ふるさと納税に自治体泣き笑い 東京は249億円ソンで冷淡とか

印刷

   2015年度の寄付金が1653億円に急増したという「ふるさと納税」。2000円の負担で魅力的な返礼品がもらえ、地方の活性化にも協力できるとあって、ますます人気が高まっている。ビジネスチャンスとみた企業も相次いで登場し、テレビCMもオンエア中だ。

  • 返礼品なら、東京にもいくらでもありそう
    返礼品なら、東京にもいくらでもありそう

地元自治体と国は割を食う

   寄付を受けた自治体も、寄付をした人もハッピーなふるさと納税だが、利害関係者はほかにもいる。返礼品の業者、そして寄付をした人の地元自治体と国だ。

   業者はもちろんハッピー、税収が減る地元自治体はアンハッピーと誰しも考える。ではどの程度か。

   たとえば、確定申告不要のワンストップ特例制度を利用して1万円を寄付、6000円の高級牛肉を返礼品でもらったケース。

   まず寄付をした人は地元自治体から8000円(1万円-2000円)税金が戻り、6000円の高級牛肉が手に入るので、4000円(6000円-2000円)のトク。

   寄付を受けた自治体は、寄付金額と高級牛肉の差額4000円のトク。

   牛肉販売業者は、自治体から6000円の発注を受け、原価との差額だけトク。

   税金を持っていかれた地元自治体は、寄付金額のうち8000円を減税しなくてはならず、うち75%の6000円は国からの地方交付税で補われるので2000円のソン。

   国は地方交付税特別会計で6000円のソン。

都も取り組んでみてはどうか

   ふるさと納税の目的は「地方活性化」。寄付を受けた地方の自治体と業者にお金が入って、その自治体が活性化することはいいことだろう。また、地方活性化のために国がお金を負担するというのも納得がいく。

   問題は税収減となる地元自治体だ。

   たとえば東京都が2015年度に受け入れた寄付金額は約12億円、2016年度に失う個人住民税は約262億円、差し引き約249億円の赤字と総務省は発表している。東京都はかねてからふるさと納税に反対ないし静観の姿勢であり、都内の区市町村の取り組みも消極的だ。

   こうした自治体も地方の自治体同様、ふるさと納税に取り組めば、国の負担で両方の自治体が活性化する可能性もある。

   魅力的な返礼品が地方だけにあるとは思えないのだが。(阿吽堂)

阿吽堂(あうんどう)
マネー誌編集者・ジャーナリスト。「マネージャパン」編集長、「マネープラ ス」の編集部長などを歴任。現在は雑誌・書籍・ムックなどを幅広く手がけるベ テラン。
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中