「マネーの虎」から奈落へ転落 傲岸社長「社員が財産」と落涙

印刷

   2001年から04年まで日本テレビ系で放送されていた「¥マネーの虎」。起業したいビジネス志願者の事業計画プレゼンを「マネーの虎」と呼ばれる事業家が徹底的に叩き、自腹を切って出資するかどうか決定を下すという番組で、時にプレゼンに対する激しい叱責、「虎」同士での怒鳴り合いが繰り広げられ、そのリアルな迫力で人気を博した。

   「虎」として出演していた一人が、並行輸入車販売を手がけていた南原竜樹氏(56)。番組出演時、隆とした社業を誇り存在感を示していた氏が、番組終了後に100億円の負債を抱え一時どん底に陥っていたのをご存知だろうか。南原氏が当時を振り返り、再度這い上がった経緯を赤裸々に語った「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)が今、話題になっている。

  • 「冷徹な虎」は今…
    「冷徹な虎」は今…

できる己に酔いしれる日々

   南原氏が出演したのは。2016年9月26日放送の同番組3時間スペシャルだ。

   24歳でオートトレーディングルフトジャパンという会社を設立し、絶頂期は全国に20店舗の支店、年商100億円を売り上げるほどの成功を収めていたという南原氏。社員に対しては、

   「働いてもらっているのではなく働かせてやっていると思っていた」」

   「給料をあげて食わせてやっている」

   「社員は私の思い通りに動く駒」

と、傲岸不遜な態度で接していたという。24時間365日働け!と叱咤する意味で、営業の社員を「24365部隊」と呼んでいたとか。

   四六時中仕事しか頭にない自分を「ストイックな俺、カッコイイ」とうぬぼれ、「リーダーズ・ハイだった」と振り返った。

   その行動例として、

   「1人でしゃべる自分に酔いしれる」

   「遊んでる社長をバカにする自分に酔いしれる」

   「部下が帰りにくいオーラを出す自分に酔いしれる」

の3つを挙げた。

   かなり強烈、こんな社長や上司の下では働けない...と絶句する懺悔エピソードだが、視聴者のツイッターでの実況を見てみると、

「『働いてもらってるのではなく、働かせてやっている』まさにうちの社長!!」
「上司が絶対にやってはいかないしくじり行動ワースト3が、全て昔の会社の上司がやってなさった件」
「この話をうちの上司は見てくれないかな。見るわけないか。社員大切にしてるって思ってるから。うちの会社にタイムカードが欲しい」

   意外にも、こんな職場が今なお世の中にはびこっているようだ。

解雇した4人が再起を助け

   そんな横暴社長に、意見をする部下は誰もいなかった。我が道を突っ走っていた南原氏の人生が暗転したのは、2005年のある日。大口の取引先が破たんし、連鎖倒産のような状態になった。「マネーの虎」終了からわずか1年で、100億円の損失を出してしまった。

   「全社員を路頭に迷わせてしまう」という恐怖にさいなまれ、自社ビル、輸入済みの車などの資産を売却、必死に会社の再建を図ろうとするもやはりうまくいかず、社員263人全員の解雇を決断した。

   ところが南原氏が案ずるまでもなく、ほとんどの社員はよその会社に再就職できた。「無能と思っていた社員はみんな有能だった」のだ。

   本人はというと、「ネットオークションで会社の備品を売って日銭を稼ぐ」「1日1個の菓子パンで乗り切る」奈落に転落したのが45歳。求人誌を見て面接に行っても「お前が来たらお前が部長になっちゃうだろ?」「会社を乗っ取られるんじゃないか?」などと、けんもほろろに断られた。

   一時期は六本木や麻布十番で野宿するホームレス生活を送るまでに落ちぶれていたが、そんな南原氏に救いの手を差し伸べたのは、氏がかつてバカにしていた「遊んでる社長」だった。

   知り合いの会社の空きスペースを借りて人材派遣会社を始めると、ほどなく以前解雇した社員4人が戻ってきた。その感激を思い出しては、番組で涙も見せた。

   「これからは社員を信頼しよう」と決意した南原氏。昔の「しくじり」を反省した今、社員約3000人、年商約100億円の社長に返り咲き。笑顔で社員とコミュニケーションを取り、社員の意見もよく聞き入れる。交流を深めるため食事に誘う機会も増えた。

   「社長にとって社員は一番の財産である」と言い切るほど、すっかり牙を抜かれた南原氏だが、年商については「まもなく1000億円に」と、かつての「虎」の片鱗をちらりと見せた。

   「ドン引き」の過去から一転、すっかりまともになって再び成功を収めている善玉経営者に、視聴者からは

「かつての冷血社長が、笑顔が似合う人になってた。人は変われるんだなとしみじみ思った。南原さん、すごいわー」
「南原社長のどん底の時に戻って来てくれた社員が4人いたことに泣いた」
「しくじってから本当に反省して、それをきちんと今実績に出して這い上がってる。こういう人の話こそ笑いで終わるだけでなく感動もある。素晴らしい!」

などなど、絶賛の声が相次いだ。(MM)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中