「ユニクロ」税引き後利益半減 主力の国内事業が振るわず

印刷

   カジュアルウェアの「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングが2016年10月13日に発表した16年8月期連結決算(国際会計基準)によると、税引き後利益が前期比56.3%減の480億円となり、2年ぶりに減益となった。

アジアは好調なのだが

どうした? ユニクロ
どうした? ユニクロ

   売上高は前年比6.2%増の1兆7864億円、本業のもうけを示す営業利益は22.6%減の1272億円。主力である国内のユニクロ事業が上期(15年9月~16年2月)、暖冬や値上げの影響で振るわなかったことや、円高で為替差損が膨らんだことが響いた。ただ、東南アジアを中心に海外販売は好調に推移している。

   業績の伸び悩みを受けて、2020年度に5兆円を目指すとしてきた売上高目標を、3兆円に引き下げることも明らかにした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中