戸数は10か月ぶり増、契約好調 9月の首都圏マンション発売

印刷

   2016年9月に首都圏で発売された新築マンションの戸数は、前年同月比40.9%増の3424戸だったことが不動産経済研究所の調べでわかった。10月17日に発表された。増加は10か月ぶり。契約戸数は2466戸。月間の契約率は前年同月に比べて6.0ポイント上昇の72.0%で、好不調を判断する目安となる70%を4か月ぶりに上回った。

  • 首都圏の景気はよくなっているのか
    首都圏の景気はよくなっているのか

平均価格は高止まり続く

   秋の商戦にあわせて発売された大型マンションの販売が寄与。東京都区部では10.0%増。神奈川県や埼玉県、千葉県でも大幅な伸びが目立った。10月の発売戸数は3000戸前後の見通し。

   1戸あたりの平均価格は5578万円で、前年同月比3.4%の上昇。建設費用の上昇などによる高止まりが続いている。

   また、同日発表された2016年度上半期(4~9月)の首都圏マンションの発売戸数は、前年同期比12.4%減の1万6737戸だった。この期間としては1992年(1万357戸)以来、24年ぶりの低水準。月間契約率の4~9月平均は68.4%で、2008年以来8年ぶりに70%を割り込んだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中