自転車通勤始めてみようかな 慌てるな! 経験談聞いてみな

印刷

   本格的に寒くなる前、秋晴れの日も多いこの季節、思い切って自転車通勤を、と考える人もいるのでは。

   節約にもなる、健康のためにもなる、ダイエットも......指を折るといいことばかりのようだが、本当にそうか。思わぬ困難に直面することはないのか。「自転車ツーキニスト」デビューに乗り気のあなた、お高めの自転車を購入する前に、是非拙文のご一読を。

夜グッスリ眠れるように

ナメたらアカン
ナメたらアカン

   Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」に、「自転車通勤をなめてかかると痛い目にあいますか?」と、おっかなびっくりの質問が寄せられている(2016年10月12日)。

   平坦だが土地鑑のないところで、交通量は多いとみられ、距離は片道30分という通勤路を、「自転車に乗る事が全く無い」にもかかわらず、果敢に「チャリ通」しようとしている投稿者。

   「がんばって年中休まず乗っていきたいと思います。どのくらい大変ですか」と、経験者に意見を求めている。

   回答者からは様々なアドバイスが。まずはそのメリットから。

「メリットは健康面ですね。夜はグッスリ眠れます。時間には余裕を持ち決して頑張り過ぎないこと。それでも若干は有酸素運動になります。慣れるまでは身体が辛いと思うこともありましたが、二週間程度で慣れますね」
「公共機関を利用している人達と比べると、バスや電車の時間を気にせず自分のタイミングで帰れる事、自動車では入れないような隠れ道的なところを探索できるなどの面白さがある事」

お天気確認が意外と面倒

   「どのくらい大変か」と尋ねていることもあってか、やはり「キツいぞ」とおどかす声がいくつも。

「雨の日・暑い日・寒い日・風の強い日など天気に左右される事と、お付き合いなどでアルコールを飲んだ場合は飲酒運転に成るため手押しと成ります」
「仕事で重荷になるくらいストレスが溜まったときに雨に降られてびしょぬれで帰宅となったら辛いものがある」
「主人は挫折してやめました。夏は汗だくで出勤し、汗拭きシートで体を拭いて着替えて・・・が毎日面倒くさくなった。・雨の日は、雨具を来ても顔が濡れる。髪もフードや帽子をかぶればぺたっとする。(夏の雨の日は雨具で蒸れる)・雪が降った日は乗れない・着替えの分の荷物が増える・毎日、朝と夜の天気を確認するのが面倒になった などの理由で続かなくなりました」

   回答を受け、「最終的に不安が勝ってしまった」という投稿者。当面は自転車通勤を見合わせることにし、

「まずは短い短距離から慣らしていき、夏冬雨風を経験してみようと思います」

   まずは自転車に乗る経験を増やすのが先決と考えたようだ。

   システム開発・Webサイト制作を行う「ライズウィル」のスタッフブログには、システムエンジニアのリョータさんによる「自転車通勤を1年続けて気付いた5つのこと」という記事が掲載されている(2015年5月29日)。

   夏の暑さや冬の寒さに加え、春も花粉症患者にとっては結構辛かったよう。「薬で抑えてても、髪や服についた花粉でくしゃみが止まらなくなることもしばしば」と、なかなかキツそうだ。

   ダイエット効果に期待していたものの、「30分弱の走行、クロスバイクだと体が温まるくらいで到着してしまいます」ということで、自転車通勤だけで痩せるのは難しいらしい。

   駐輪場代やメンテナンス費用がかかり、悪天候や体調不良の日は電車やバスも使うので、節約にもならなかったようだ。

   デメリットが強調されているように思えるが、金曜の夜に映画館のレイトショーを観に行き、終電を気にせずに帰る、など寄り道ができるとの報告も。走ること、肌で季節の変化を感じること自体が楽しいという。

   事故やパンク、交通ルールに十分注意して、比較的気候がいいこの時期に始めてみるのも、やはりアリかも。(MM)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中