人工知能が資産運用をお手伝い 「ロボアド」って頼りになる?

印刷

   最近、「フィンテック」やら「ロボアド」やら、見慣れない言葉を新聞や雑誌でしばしば目にする。

   フィンテックは金融(Financial)と技術(Technology)を組み合わせた米国発の造語で、ITを駆使した金融サービスの総称だ。決済・送金・資産運用・ビッグデータ活用などのサービスが次々登場しており、2016年10月に日本で始まったスマホを使った決済サービス「アップルペイ(Apple Pay)」もそのひとつ。

手数料は無料、または安い

ほっといてもお金がざくざく?
ほっといてもお金がざくざく?

   ロボアド(ロボット・アドバイザー)と呼ばれるサービスは、インターネットのサイトやスマホのアプリで年齢や投資経験などの質問に回答していくと、システムがリスク許容度を測定、資産配分の比率や商品の提案を行うというもの。

   提案にとどまらず、実際に商品を購入したり、見直しをしたりといった運用の代行までするものもある。証券会社や銀行などが相次いで導入、ベンチャー企業も参入し、無料で使えるものから手数料を取るものまである。

   ロボアドと同様のサービスに「ラップ口座」があるが、こちらは数千万円以上の資産を持つ富裕層が顧客の中心で、手数料も高い。ロボアドは、運用まで行う投資一任運用型でも数万円から投資できるものが多く、手数料は比較的安い。

サイトを比較しヒントにしよう

   囲碁ソフトが世界レベルのトッププロに勝利し、プロ棋士による将棋ソフトの盗み見が問題になるまでにコンピュータ技術が進歩したのは、「ディープラーニング(深層学習)」というAI(人工知能)技術によるところが大きいといわれる。

   しかし、資産運用は長期にわたるため、コンピュータが結果を検証するディープラーニングを行うには長い時間を要する。したがって、年齢や投資経験など簡単な質問に回答するだけで、ロボアドが適切な資産配分を提示することは不可能といった批判もある。

   とはいえ、投資の初心者が国内外の株式や債券などの資産配分を独力で考えるのは、現実的には難しい。ロボアドの質問は5~6問、回答時間は2~3分程度、しかもアドバイスは無料なのが一般的。

   まずは複数のサイトを比べてみて、資産配分や商品購入のヒントにするのがいいのではないか。

   投資一任運用型のロボアドでは運用資産の1%程度の手数料が必要。また、手数料を抑えるため、米国のETF(上場投資信託)で運用することが多く、円ドル相場の影響を受けることにも注意が必要だ。(阿吽堂)

阿吽堂(あうんどう)
マネー誌編集者・ジャーナリスト。「マネージャパン」編集長、「マネープラ ス」の編集部長などを歴任。現在は雑誌・書籍・ムックなどを幅広く手がけるベ テラン。
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中