海外就職へのアドバイスは一つ 「何より行動力、今すぐ動け」

印刷

   先日、海外就職を目指す人たちに情報を提供するイベントに参加し、多くの就職希望者の方々にアドバイスをしてきました。そのアドバイスなのですが、ほとんどの人へ同じようなことを繰り返すばかり。要約すると「今すぐ動け」でした。

Googleで分からないこともある

アジアの都市に喧騒と排ガスはつきもの
アジアの都市に喧騒と排ガスはつきもの
「東南アジアで働きたいんですけど、香港しか行ったことがなくて......」

「すぐに今年の正月休みのバンコク行きかホーチミン行きのチケットを取って、現地を見てください」

「グローバルに活躍したいのですが、今の会社を辞めるべきか悩んでいます」

「月曜日から、勤めている会社に海外との仕事をしている部門があるか、それはどこかを調べて、その部門に知り合いを作り、ちょいちょい足を運んでください」

「海外で起業したいと思うのですが、始めてもいいでしょうか」

「とりあえず、会社を辞めず、今日から何か商品なりウェブサイトなりを作ってください。海外でも国内でも、何かを作らなくては何も始まりません」

「海外就職をするのに情報を集めたいのですが、どうすればいいですか?」

「このようなイベントを見つけて参加しているレベルなら、もう充分に情報は集まっているはずです。履歴書を書いて、現地の就職エージェントに送ってください」

   自分が海外で働けるかどうかなんて、やってみないとわかりません。東南アジアの首都は空気が汚いので、ひょっとしたらぜんそくの発作が出てしまうかもしれませんが、自分がぜんそくになるかなんて、どんなにGoogle検索をしてもわかりません。

   外国人と仕事をすることに喜びを感じるか、あるいはストレスを感じるかも、実際外国人と仕事をしてみなくては分かりません。すでに会社で働いているなら、まずは社内で外国人と絡む仕事に近づいてみるのが一番です。もう会社を辞めてしまっているなら、カンボジアのカレー屋に来ましょう。

   東南アジアで働くときに日本と大きく違うのは、前例がないこと、情報がないことが当たり前だということです。プノンペンの片隅でカレー屋をやったことがある人なんていないので、どうやったらお客さんがくるか全く分かりません。法律も未整備なので、警官が消火器を売りに来たときの対応も自分で考えなくてはなりません。そんなとき、いちいち情報を探していても何も進まない。まずは、自分で行動してみて、手探りで歩きながら情報を集めていくしかないのです。

   行動しなきゃ何も始まらないというのは、海外就職に限ったことではありません。就活もそうだし、企業に入ってからも、社内の異動はどうなる、企画の立案はどうする、などとあらゆることに関して、行動しないで情報集めだけして悶々としている人が多すぎます。

   海外で働きたいのであれば、一番大切なのが行動力。ぜひ、意識的に、今日から何ができるかを考え、今日から行動するようにしてください。(森山たつを)

サムライカレープロジェクトのご案内

   海外で失敗体験を積める研修プログラム、サムライカレープロジェクトの無料説明会を、11月、12月に開催します。観光庁表彰、多摩大学単位認定科目にもなったプログラム。大学生・若手社会人の方のチャレンジをお待ちしています。

   また、大学関係者向けの、海外研修の効用をお伝えする交流会も企画しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中