「週休3日」は理想の働き方か ヤフーの挑戦、行く手に何が

印刷

   IT大手のヤフーが打ち出した「週休3日制」が話題だ。1~2年内に試験的に導入する方針だという。

   休みが増えるなんていいなぁ...と羨むビジネスパーソンは多そうだが、本当にいいことばかりなのか?   と懐疑的な向きも。

「働く4日が全部終電では」

休みが増えればいいってものでもない?
休みが増えればいいってものでもない?

   ヤフーは現在土日休みだが、いずれ1週間のうち2日を自由に選んで休めるようにし、その後週休3日制にする未来を描いている。単純作業はAI(人工知能)や機械学習に任せ、人間はクリエーティブな部分を担う構想だ。

   サンケイビズ(2016年11月1日付)では、ヤフーで人事制度改革に取り組む本間浩輔上級執行役員が、週休3日制を1、2年内に試験的に導入する方針を明らかにした、とある。

   この取り組みに対し、ツイッターでは、

「Yahoo週休3日か。そういう仕事したいわ。(切実)」
「週休3日制導入のニュースを見た奥さんのひと言『あなたの仕事と世間がドンドン乖離していくわねぇ(笑)』......orz」

などストレートに「羨ましい」との声も上がっているが、一方には首をかしげる人も。

「Yahooが週休3日制検討って、凄い聞こえは良いけど、他の4日毎日終電とかを想像してしまう」
「残り4日がそれこそ分刻みみたいなスケジュールで時間と仕事に追い掛け回されるなら、ある程度全てに余裕の出る週休2日のままでイイと思ってるんだよ」
「お給料が減らずに3日休みなら嬉しいけど絶対にそうじゃないだろうから。お給料減ってお休みだけ増えてもね」

など、「週4日が殺人的スケジュールになりそう」「給料が減るなら無意味」といった悲観的な見方も書き込まれている。

本当に幸せに働ける環境とは

   東洋経済オンライン(2016年10月23日)では、現役インフラエンジニアのぼへぼへ氏が、

「今の業務を週4日で終わらせないといけないってことですよね。システム開発も締め切りのある仕事。休んだらその分遅れます。いくらAIが発達したとはいえ、まだまだ人がやらなくてはならない仕事はいっぱい」

と、現状ではまだ難しいのではないかと消極論を述べている。

   NEWSポストセブン(16年9月27日)でも、社会保険労務士の稲毛由佳氏が次のように問題を指摘する。週休3日制を大がかりな「シフト制」の意識で導入すると、人不足の曜日ができたり突発的な事態が起きた場合に、「特別な用事もないので、私が休みをずらして出ます」などの申し出が生じ、逆に休日を取り損なうおそれも出てきて、

「その結果、振替休日(代休)が溜まり、年次有給休暇がますます消化できないなど、休み自体が形骸化しかねません。週休3日にしたはずが、週1日しか休みが取れない逆転現象が起きたり、残業時間がよけいに増えたりしてしまっては意味がありません」

   ヤフーのピープル・デベロップメント戦略本部の湯川高康本部長は、ハフィントンポスト日本版のインタビュー(16年10月31日)に対し、

「まだ検討段階なので断言するものではありませんけれど、目指しているのは特に所得を減らしてっていうことではない」
「別に休みが増えることだけが唯一のゴールでもないと思いますし、いろんな人が本当に幸せに働いていけるような労働環境が整っていけば」

などと語っている。

   多様な働き方が模索される一方、長時間労働がなかなか解消されず、将来的には人口減少による働き手不足が憂慮される現在、「週休3日制」がどのように社会に受け入れられていくのか、要注目だ。(MM)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中