守旧的と見られるのはプラスだ 時流におもねる連中に警戒し(江上剛)

印刷
「会社で『守旧的な奴』と誤解され困っています。そう言っている奴のほうがよほど保守的だと思うのですが」

   守旧的なあなた、いいじゃないの。誤解はプラスになると思うよ。

会社に失敗は許されない

むむっ、おぬし、やるな!
むむっ、おぬし、やるな!

   会社っていうのは、だいたい保守的なものだ。会社は、成功を積み重ねていかねばならない。失敗は許されない。そこは人間と違う。人間は、失敗も人生の糧にすることができるが、会社は失敗すると、悪くすれば破たんしてしまう。だから石橋をたたいても渡らないのが、会社だ。

   あなたは守旧派だと言われている。これは会社員にとってはプラスだよ。

   まず守旧派というのは、家、すなわち会社が命。幕末で言えば、城を枕に戦った会津藩みたいなものだ。白虎隊の悲劇もあった。彼らは、徳川家に忠誠を誓って、官軍と称する薩摩長州などの革命軍と戦った。彼らは守旧派と言われたが、滅びゆく徳川家に殉じるなんて、美しいじゃないか。

   会社でも同じだ。やたらと革新や新奇を競うような奴は、使いづらい。それよりはあなたのような会社を命と考えてくれる守旧派の方が、安心して使える。

   あなたは守旧派と誤解されているといっているが、何も困ることはない。その誤解を逆手にとって革新気取りの奴らと対抗したらいいのだ。

彼らに気を付けたほうがいい

   ちょっと気になるのは「言っているやつのほうがよほど保守的」だというあなたの見方だ。

   確かに世の中には、革新振りながら、実は、超保守なんて奴がごろごろいる。その時々の流行で革新になったり、保守になったり。変節することになんの躊躇もない。恥ずかしい奴らだ。

   しかしそういう奴らにあなたは気を付けたほうがいい。彼らのほうがあなたより上司の受けがいいからだ。

   彼らは上司の顔色を見るのが上手い。天性の才能を持っている。

   上司が、「経営改革だ」「今までの歴史を捨てろ」などと革新的経営を標榜すると、突然に革新を気取る。そして上司に媚びを売る。

   あなたのように従来の伝統などに固執するような守旧派は、攻撃の対象になる。

   しかしそんな連中は、まったくの根無し草だ。かならず経営に害を与える存在になる。あなたは彼らの攻撃に意固地に、頑固になるのではなく、堂々と自信をもって「会社の伝統を守る」という守旧派宣言を行えばいい。いずれあなたの素晴らしさが理解されるだろう。(江上剛)

江上 剛
江上 剛(えがみ・ごう)
作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する。ビジネス書も手がけ、近著に『会社という病』(講談社+α新書)がある。
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中