飾らない姿を見せ合える仲なら 背伸びせず牛丼屋で落ち着ける

印刷

   先日、本コラムで「グルメ嫌い」について書いたところ、ある女性から「すっごく、よく分かります!」と、嬉しい共感のメッセージをもらった。私はコラムで、「グルメぶる人や、グルメな人が苦手だ」と書き、「資産もなく、将来不安から貯蓄にはげむ一般庶民が、食べる物にむやみやたらとお金をかけるのが理解できない」と大きなことを述べた。よく考えれば失礼千万、ちょっとひねくれた上から目線の自己主張に、まさか共感してくれる人がいようとは。しかもその女性、とってもモテる美人なのである。

  • 飾らない自分を受け入れてくれる相手と
    飾らない自分を受け入れてくれる相手と

「本当に好きな人とは......」

   彼女(A子さんとしよう)は30代前半。誰もがあこがれる職業に就いており、私の周りにはA子さんの個人的なファンも多い。ふんわりした雰囲気の可愛らしい女性で、容姿も声も美しい。同性からも異性からもモテる、非の打ち所のないタイプだ。そんな彼女であるならば、ステイタスの高い男性からの「グルメなお誘い」もあるのでは?

「デートで素敵なお店に連れて行ってもらったり、高くて良いものをいただいたりっていうことはありますけれど、やっぱり、本当に好きな人とは、牛丼屋さんやファストフード店にも一緒に行ける関係がいいですよ」(A子さん)

   そうそう、そうなんである。背伸びした場所、背伸びした消費、背伸びした関係。20代のころはすべてがキラキラして見えたものが、30代は違う。私たちはもう「落ち着きたい」のだ。もちろん、私とA子さんでは、見てきた「キラキラ」のレベルが全く違うけれども......。

日常の姿で接しラクな相手と

   A子さんは続ける。

「飾らないところを見せ合える関係って、いいですよね」

   美人で非の打ち所のない彼女のもとにはきっと、飾り立てたデートのお誘いがたくさん舞い込んでくるのだろう。だからこそ、本当に心を許せる相手とは、飾らない牛丼屋、飾らないファミレス、飾らない安居酒屋に行きたくなるのかもしれない。

   私にも、ちょっと分かる気がする。女も30代になれば、異性の背伸びした姿よりも「そういうところ」が見たくなる。好きな相手に求めるものが、「非日常」から「日常」に変わるのかもしれない。日常の姿で接して、ラクな相手と一緒にいたい。もっといえば、一緒にいてラク、かつ楽しませてくれる相手がいい......ってことかもしれない。贅沢だろうか、うん、おおいに贅沢なんだろうな。(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚した くないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会 学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中