社内運動会&社員旅行が復活とか 若い人には新鮮? 先輩方は?

印刷

   盛り上がっていたのは一昔前、という印象がある、社内運動会や社員旅行などの社内イベントだが、近年徐々に復活しているらしい。

   最近では「飲みニケーション」が疎まれるなど、「会社の外でまで上司や同僚と付き合いたくないよ...」という風潮が強まっているように思えるが、こうした社内イベントへの評価は?

  • 仕事以外での付き合いは面倒だと思うかもしれないけど
    仕事以外での付き合いは面倒だと思うかもしれないけど

絆を深め一体感を

   リクナビNEXTジャーナルに、「『社内運動会』が再ブームの兆し?」という記事が掲載されている(2016年9月13日)。

   自動車部品メーカーのデンソーが11年、24年ぶりに「全社運動会」を実施し、以来毎年秋に開催している、ITベンチャー企業数社が合同運動会を行っているなどの例を紹介。

   百貨店の松屋も、「グループの絆を深め一体感を持って商戦に立ち向かいたい」との思いから16年6月、20年ぶりに社内運動会を復活。両国国技館を貸し切り、玉入れを邪魔する選手を配した「玉入れさせない」、1畳ほどのスペースに何人乗れるか競う「華のステージ」など、練習なしでも楽しめるような種目を実施した。家族も楽しめるよう、現役の力士や元陸上選手の為末大さんをゲストに呼び、閉会式後には旅行券などが当たる「お楽しみ抽選会」も行ったという。

   「参加者が楽しめること」を第一に考えて企画し、参加者は、550人の社員に加え取引先の販売員やその家族ら1450人にのぼった。仕事上の付き合いがない人、社長や役員ら普段敬遠しがちな人とも親睦が深められた、運動会後は社内の会話が増え活気が増した、といいことずくめのようだ。

   ツイッターを通じ世間の様子を見ると、「社内運動会があった」という報告がチラホラ見られる。

「初の社内運動会、突然1500m走らされたりして疲れたけど、思ったより楽しかったわ」
    「社内運動会疲れた でも楽しかった」
    「2位で残念だったけどみんなで走って笑ってお腹いっぱいでした」

など、家族的な社内行事に参加して満足している人も多いようだ。

社長の社員孝行、気持ちに応え

   社員旅行も一時よりは増えてきている。

   産労総合研究所の「2014年 社内イベント・社員旅行等に関する調査」(14年11月18日発表)では、調査対象の2000社のうち、社員旅行を実施している企業は46.0%。1994年には88.6%だったが、2004年には36.5%と過去最低に。そこから再度、じりじり増加傾向にあるといえる。

   ラジオ番組「シンクロのシティ」(TOKYO FM、16年11月7日)では、「社員旅行に積極的ですか?」というテーマで、東京の街の声が紹介された。

「積極的ではない。以前の会社で、20年くらい前の新入社員だった頃はほぼ強制参加だった。夜は広間でおじさま方の接待をさせられ、皆さんにビールを注いだり、気の休まる時がなかった」(北千住の40代女性)

   往時を知る人が苦々しい思い出を語る一方、社員旅行を実施する企業に勤めている人からは「積極的」という回答が多いようだ。

「5~6人で1泊2日、行き先は熱海が多い。昼は金目鯛なんか食べて、夜はスナック、キャバクラ、スナックみたいな。飲み明かします。わりと無礼講」(祐天寺の20代男性2人)
    「本社が中国だが、年に1回か2回は必ず会社の旅費負担で行われる。行き先はヨーロッパが多い。行っても行かなくてもいいが、社長が社員孝行を大切にしているので、その気持ちに応えて毎回行っている。1週間~10日くらいの期間で行くので、普段あまりしゃべらない人とも交流できる。社員の絆は深い気がする」(北千住の31歳男性)

   若手社員の頃、前時代的な社員旅行に参加させられたという人は「もうこりごり」という気持ちが強く、今の若手~中堅社員はむしろ、海外で自由度が高い社員旅行を経験していたり、自ら楽しめそうな旅行を企画できたり、という点でノリノリな人が少なくないのかも。

   あなたの職場で、社内運動会、社員旅行、どうですか。(MM)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中