中古住宅購入の後押しローン登場 異次元低利かつ有利な固定金利

印刷

   中古住宅は新築に比べて安いが、リフォームが必要で費用負担が重い。リフォームローンもあるが、金利が高くて返済期間が短く、毎月の負担が大きい。

   そこで購入をあきらめるか、あるいはリフォームを見送り、設備の傷みや部屋の汚れに目をつぶるかだ。

   そうした問題解消のため、みずほ銀行や新生銀行、住宅金融支援機構などが中古住宅取得時に、リフォーム資金も住宅ローンと同じ条件で借りられるリフォーム一体型住宅ローンを扱い始めている。

  • 耐震性能、省エネ性能などに優れた住宅も対象
    耐震性能、省エネ性能などに優れた住宅も対象

性能向上リフォームの住宅取得に

   そこにニュースが。この2016年10月から異次元の低金利といってもいい住宅ローンが登場している。住宅金融支援機構の「【フラット35】リノベ」だ。

   このローンは、一定条件を満たす、性能向上のためのリフォームが行われた中古住宅を取得する場合、あるいは取得後にリフォームを行う場合、当初5年間または10年間の金利を0.6%引き下げる。

   全期間固定金利で、返済期間15~20年なら当初10年間は0.33%から、21~35年でも0.43%から利用できる(金利は11月分)。

   現在、メガバンクの変動金利型の金利は0.625%だから、それより低い金利で、しかも全期間固定で利用できる。

来年3月まで、予算達成で終了

   現在、国は中古住宅やリフォーム市場を活性化しようと、さまざまな施策を展開している。しかし、なかなか成果が上がらない。そこで「【フラット35】リノベ」の登場となった。

   対象は、低炭素住宅、長期優良住宅などの認定住宅のほか、耐震性能、省エネ性能、バリアフリー性能などに優れた住宅。通常のリフォームに比べると費用は高くなる。

「性能向上リフォーム推進モデル事業」とされ、適用期限は2017年3月31日の申し込み受付分まで。予算金額に達する見込みとなると受付終了となる。

   0.3%台、0.4%台のローンがあれば、中古住宅購入を検討してみる価値があるのでは。(阿吽堂)

阿吽堂(あうんどう)
マネー誌編集者・ジャーナリスト。「マネージャパン」編集長、「マネープラ ス」の編集部長などを歴任。現在は雑誌・書籍・ムックなどを幅広く手がけるベ テラン。
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中