あったかスープを冬の定番に ローソン、女性客狙い商品拡充

印刷

   ローソンは、2015年冬に5品目だったオリジナル商品のスープを2016年は約2倍に増やし、商品ラインアップを拡充する。各店舗でスープの棚を2段に拡張、おでん、中華まんに続く冬の定番商品として強化していく。11月14日、発表した。

野菜たっぷり健康志向で

   11月15日には、「餃子と野菜の和風スープ」を発売。スープ商品は計9品目となり、ローソンによると「大手コンビニエンスストアの中では最も多い」という。12月6日には既存商品と入れ替える形で「トムヤムクンのフォー」も発売する。

   近年、国内スープ市場は拡大傾向にある。ローソンでは15年からスープの販売をスタート。16年秋のスープ販売高は、10月が前年比215%、11月(11日時点)が前年比280%と、それぞれ2倍以上の伸びをみせている。購入者の7割は女性で、20~40代が中心だという。野菜をたっぷり使った健康志向のメニューが人気を呼んでいるそうだ。

   竹増貞信社長は11月14日に行った商品説明会で「『スープといえばローソン』と言っていただけるよう、しっかり商品展開、商品開発を行って、お客様に訴求をしていきたい」と意気込みを語った。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中