「へえ、そう」平均116万円 夫婦のへそくり、20代は増加

印刷

   明治安田生命は2016年11月16日、「いい夫婦の日(11月22日)」にちなんで行ったアンケート調査の結果を発表した。既婚者(20~70代)のへそくり平均額は116万6002円となり、前年から約23万6000円増えた。

  • へそくり、どの本に隠したんだっけ
    へそくり、どの本に隠したんだっけ

雇用環境の改善を反映し

   男女別でみると、夫のへそくりは平均85万9888円、妻は147万1737円となり、双方とも前年比で20万円以上増えた。20~50代までの平均は89万8495円で、06年の調査開始以来、最高額となった。とくに20代は12年から増加傾向にあり、今年も前年比約12万円増の66万6019円と、若年層の貯蓄志向の高まりをうかがわせる結果となった。

   同社チーフエコノミストの小玉祐一氏は、「へそくり金額の増加は、基本的には昨今の雇用環境の改善を反映している面が大きいと考えます。なかでも、若年層の失業率は、2012年以降、10%を超える水準から5%前後にまで急低下しており、これが当該年代層のへそくりの増加につながってきた面があると思います」と分析している。

   調査は10月6日から12日にかけてインターネット上で実施。20~79歳の既婚男女1619人から回答を得た。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中