冬は職場「マスク」問題の季節 「常識」求め悩み相談に次々と

印刷

   季節の職場トラブルとして、夏は「エアコンの温度設定」、冬は「咳エチケットとしてのマスク着用」が思い浮かぶ。もともと「咳エチケット」は厚労省がインフルエンザ流行を防ぐために呼びかけを始めたものだが、普通の風邪でもマスクをするに越したことはないだろう。

  • うつさないよう、うつされないよう
    うつさないよう、うつされないよう

「あからさまにすると感じ悪い?」

   マスク着用のマナー理解には個人差があるようで、それが各職場でのトラブルにつながっているようだ。

   Q&Aサイト「教えて!goo」を見ると「職場で風邪を引いているのにマスクをしない人について」、「風邪でセキをしているのにマスクしない人」、咳をしているのが上司で指摘しづらいという「咳き込む上司にマスクをしてもらう方法」などの相談が寄せられている。

   2008年には、咳をしている本人が「職場で、風邪をひいている時にマスクをせず咳をするのが、そんなに悪いことでしょうか」と問う例もあった。厚労省の咳エチケットは2007年。ここ10年で社会にマスクが浸透してきた、ということなのだろう。

   比較的新しい相談である「職場で風邪を引いているのにマスクをしない人について」では、職場に「菌を撒き散らかすようにマスクをせず、手やハンカチを当てることもなく2週間ぐらい咳をしている人」がおり、その人からうつったのか、同僚も風邪をひいてしまった。投稿者は「あからさまにマスクをすると感じが悪い」かと思って遠慮をしていたが、「マスクをしても良いでしょうか」とたずねた。すると、

「自己防衛のため、マスクOKです」
「私も身近なところで咳をしている人が居たら絶対にマスクをします。マスクって本来は他人に移さないようにするための物でしょうが、世界でSARSが流行した時から認識が変わりました」
「もし、何か言われたら『予防の為』と答えれば良い」

と、マスクをして当然だという回答が寄せられた。常識的ではあるが、職場の人間関係というのはなにかと遠慮が多いため、広く判断を求めたのか。

「マスクがないと不安」も

   他のQ&Aサイトを見ても、「発言小町」には「病院でマスクしない人!」という書き込みがあり、「マスクができない幼児ならともかく、診察待ちの患者や看護師にもマスクをしていない人が多い」という怒りの投稿があった。

   ただ、マスクをすれば何でもOKとはいかないようで、「職場にマスクをしていくと先輩から『風邪アピール?』と言われます」(発言小町)、「マスクしながら会話するのは失礼ですか?」(発言小町)、「中学生です。いつも学校にマスクをして行っていますが、最近マスクがないと不安になってしまいます」(教えて!goo)といった新たな悩みを抱える人もいるようだ。

   これほど多様な相談が相次ぐのも、問題が一刀両断には解決できないことの証拠でもあるのだろう。気遣いと寛容と。常識のレベルを手探りで求めつづけていくしかないのかもしれない。(KM)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中