身代わり出頭が横行との報道も 佐川事件で30人「経験ある」

印刷

   宅配便大手「佐川急便」の社員ら6人が駐車違反での身代わり出頭をしていたとして逮捕された事件で、舞台となった東京営業所では身代わりが横行していたと、朝日新聞などが2016年11月23日に報じた。

  • 法規をまげるわけにはいかないが
    法規をまげるわけにはいかないが

コメント欄には理解示す意見も

   それによると、同営業所の運転手約30人が、警視庁の任意聴取に対し、身代わり出頭の経験があると説明していた。出頭した人には、運転手から2万~2万5000円の報酬が支払われていた。営業所では、違反をすると配達を禁じられたり、昇進しづらくなったりもしたという。

   このニュースのコメント欄を見ると、

「配送関係の仕事ではどこでも同じ問題を抱えてる」
「仕事中の駐車は大目に見てあげて欲しい」
「駐禁の切符切る無慈悲な警官もどうかと思うよ」

と、違法な身代わり行為に走る事情に理解を示す意見もある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中