気配り女子アナに学ぶ贈り物術 相手の心温める「大人の女」に

印刷

   この頃、同世代の女子アナウンサーの方々と仲良くなる機会が多い。これは嬉しいことである。私は聡明な美人が大好きだからだ。自分にはない華やかさや、特殊なキャリアを持つ彼女たちと付き合ううちに、ある共通点に気がついた。皆さんは、とっても「贈り物」が上手なのだ。

  • 女子アナウンサーはギフト上手
    女子アナウンサーはギフト上手

田中みな実アナが「先日のお礼に」と

   「これ、田中みな実さんからです。先日のお礼にと」「え、私にですか!?」先日、朝の情報番組「モーニングCROSS」(TOKYO MX)の楽屋で、私は目を丸くした。その前の回で、私はかねてから大ファンだったフリーアナウンサーの田中みな実さんと同席し、興奮のあまり「好きです!」と口走るなど、醜態を晒してしまったのだ。そんな私に、田中さんからプレゼントがあるという。

   ディレクターの方から渡されたのは、真っ白なクリスチャン・ディオールの紙袋。一体これは、どういうことか。何年も前からファンで、彼女を絶賛するコラムまで書いていたとはいえ、私と田中さんは一度しか会っていない。それなのに、田中さんは私に、素敵なディオールの化粧品と、お手紙までくださったのである。

   美しい手書きの文字と、私のためにみつくろってくださった贈り物は、私の宝物になった。もし私が彼女と同じ立場だったら、自分の一ファンにすぎない、しがないライターに、これほど心のこもった贈り物ができるだろうか。

ちょっとした気遣いができるか

   田中さんだけではない。その後、私はフリーアナウンサーの榎本麗美さんと初めて食事へ行ったのだが、その際、麗美さんは素敵なボディケアグッズをプレゼントしてくれたのだ。元はといえば私から声をかけ、「彼女の」転機をお祝いする会のつもりであった。それなのに、私にプレゼントをいただくとは......。しかも、女性には嬉しいボディケアグッズ。私は麗美さんの気遣いに脱帽し、彼女のことがもっと好きになった。

   まだある。先日、私がホステス役を務めたトークショーで、ご招待客の中に偶然「モーニングCROSS」の某コーナーを担当するフリーアナウンサー、槙あやなさんがいらっしゃった。私は彼女と、一度しか話したことがなかったが、なんとあやなさんは、会場で会うなり「これ、お荷物になってしまうかもしれませんが......」と言いつつ、袋入りの焼き菓子を差し入れてくれたのだ。ほぼ初対面なのに、贈り物。私からはもちろん何も用意できず、申し訳ないやら嬉しいやらで胸が熱くなった。

   立て続けに女子アナウンサーの方々から贈り物をもらい、私は考え込んでいる。これまで私は、食事の相手に贈り物を持参したことがあっただろうか。節約中だから、ケチだからと理由をつけて、そういう「ちょっとした気遣い」が全くできていなかったのではなかろうか。その気遣いが、どれだけ相手の心を温めるか、お金では買えない信頼感情や好意につながるか、考えたこともなかったのだ。

   そういう目に見えないことにお金を使えるのが、本当の「大人」というものだろう。もうすぐ30歳。これからはドケチぶっていないで、ちょっとした贈り物が上手な「大人の女」になりたい。いや、なってやる!(北条かや)

北条かや
北条かや(ほうじょう・かや)
1986年、金沢生まれ。京都大学大学院文学研究科修了。著書に『本当は結婚した くないのだ症候群』『整形した女は幸せになっているのか』『キャバ嬢の社会 学』などがある。
【Twitter】@kaya_hojo
【ブログ】コスプレで女やってますけど
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中