『ラブホの上野さん』が深い 就活に引きつけ読むこともでき

印刷

   今回のテーマは「『ラブホの上野さん』から考える就活論」です。

   『ラブホの上野さん』は、月刊「コミックフラッパー」に連載中の作品で、タイトル通り、ラブホテルで働く男性スタッフ、上野さんがモテない男性に恋愛指南をするというコメディ漫画です。毎回、読み切りで16ページ程度。テーマも異なります。

あるとき、するっと入ってきた

『ラブホの上野さん』の試し読みができる「コミックウォーカー」のサイト
『ラブホの上野さん』の試し読みができる「コミックウォーカー」のサイト

   実は、私は同誌の「ガールズ&パンツァー」スピンオフ作品のファンでありまして、『ラブホの上野さん』のほうは、最初のうち「ラブホテルの内幕ものか」と高をくくって、それほど熱心に読んではいませんでした。

   が、ちょっとしたことをきっかけに読むようになりました(別に、振られてクサクサしていたから、ということではなかったのではないかと思う今日この頃です)。すると、この『ラブホの上野さん』、するっと入ってきました。「ああ、あのときの敗因はこれか。もう少し早く読んでおけばよかった」と思うこともしばしば。

   ラブホテルを舞台にしてはいますが、いわゆるセックスカウンセリング的な内容ではありません。18禁ではないので、女性が読んでもそれほど違和感はないはず。KADOKAWAの無料漫画サイト「コミックウォーカー」で試し読みもできます。

   ツイッターなどで話題となり、2016年12月にはMFコミックス第5巻が刊行される予定。俳優本郷奏多主演で実写化されたドラマも、12月1日からネットで先行配信されます(フジ系で2017年1月から深夜地上波放送予定)。

   この『ラブホの上野さん』、恋愛論としては論理的かつ分かりやすい、すぐれた漫画ですが、なぜ、当コラムで取り上げるのかといえば、ほかでもない、就活に役立つからです。

   コミックス第2巻には、就活を直接テーマにした一話が収載されています。もちろん、それはそのまま参考になりますが、その他のエピソードについても、就活でのヒントが得られるとお勧めできます。

演出を加えて価値を上げること

   たとえば、2016年11月28日現在無料サイトで読める最新話「金は天下の回りもの」。ネタバレで申し訳ないですが、宝くじで1万円当たった男性が上野さんの指南を受けます。賞金をはたいてガールフレンドに1万円の手袋をプレゼントしようと考える男性に、上野さんは待ったをかけます。

「一万円の予算でプレゼントをするときは『一万円のものを買ってはいけない』ということでございます」

   なぜなのか。上野さんは、「プレゼント」というからには、包装にも凝るべきだし、渡す場所などの演出も大事、と説きます。

「演出を加えて価値を上げることを世間一般で何というか知らないんですか?   商売ですよ」

   名言です。このことに早く気づいていれば、私も、あのとき......(遠い目)。えーと、何の話でしたっけ?   ああ、就活に役立つかどうか。

   この作品は、恋愛指南であると同時に、コミュニケーション論としても読めます。ともすれば一方的になりがちな感情がそうならないようにするためにはどうすればいいか。これって、就活にもかなり通じる話です。最新話で上野さんは、こんなことも言っています。

「デートやプレゼントに関して男はお金と物の交換だと思っているが、女性はお金と感情の交換だと思っている。なのでプレゼントは物・演出ともに手を抜かないように、という話なのです」

   就活でいえば、元(大学名、体育会系、資格その他)がよければすべてうまく行くと勘違いする学生が結構います。その逆も多くいます。

   しかし、いくら元がよくても、面接などできちんと話せなければ就活は失敗してしまいます。ほかにも、女性に対するアピール法を説く一話など、そのまま自己PRの方法論にもつながります。

   自分の恋愛スキル・就活ノウハウによほど自信があるなら話は別。でも、そうでもないという方には、一読をお勧めします。(石渡嶺司)

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中