フィデル・カストロの死に思う 「とんでもない国」の行く末

印刷

   2016年11月25日、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が死去しました。1950年代、アメリカの傀儡だった政府をチェ・ゲバラとともに打倒するキューバ革命を起こし、その後約50年にわたり社会主義政権を率いてきたカストロ氏。

   その彼がつくったキューバという国は、他の社会主義国がどんどん資本主義になっていくなか、頑なに社会主義国であり続けた、とんでもない国でした。

  • キューバでは、クラシックカーが今なお現役
    キューバでは、クラシックカーが今なお現役

街がボロい、物がない

   教育費、医療費が無料で、治安もものすごくよい。海岸線に美しいビーチが広がり、人々は夜な夜な、モヒートやキューバ・リブレといった酒を飲み、極上のキューバ音楽に酔いしれて過ごす......そんな楽園的な一面もあります。

   しかし、現地に行ってみると、それ以外の一面も見えてきます。

   まず、街がボロい。

   アメリカからの経済制裁を受けつづけており、あらゆるものに輸入制限がかけられています。そのため数十年前の建物だらけで、21世紀とはとても思えない景観が広がっています。

   自動車は、自国で生産できず、外から輸入もできないので、国交があった頃の1960年代のアメリカ車や1970年代のソ連車といったクラシックカーを修理しながら使っています。

   そして、物がない。

   ごくまれに中国から輸入されたコカ・コーラなんかがありますが、基本的にスーパーで売っている飲み物は国産のコーラもどき、スプライトもどき、オレンジジュースくらい。果物や野菜も数えるほどしか種類がありません。

   店で売っている電化製品は中古がほとんど。窓から見える家の中では、私が訪れた2008年でも、ファミコンのベースボールをやっていました。

「楽園」なのか「地獄」なのか

   こんな国なので、国民の中には「楽園」と捉える人も「地獄」と捉える人もいます。外で話を聞くとみんなポジティブなことを言うのですが、それは秘密警察が見張っていて、下手なことを言うと逮捕されるから。タクシーの中で運転手と話したりすると、「こんな国、一刻も早くどこかへ亡命したい!」という人さえいます。

   私は、世界一周旅行を経験したあと、「いちばん面白かった国はどこですか?」と聞かれたとき、迷わずこのキューバを挙げます。日本とあまりにもかけ離れた国。21世紀の世界でオンリーワンの国。

   それは、あまりにも違いすぎる世界である上に、その評価が当の国の中で真っ二つに割れていて、考えさせられることがあまりにも多いからです。

   2015年4月、ラウル・カストロ国家評議会議長とオバマ米大統領がパナマで歴史的な握手をし、キューバとアメリカは和解の方向に進みました。フィデル・カストロがつくったオンリーワンの国は、だんだんと「普通の国」に戻っていくでしょう。

   2016年は、世界の歴史的転換点となるような様々なことが起こりました。私の中では、フィデル・カストロ氏の死去が、あるひとつの時代の終わりを感じさせる、今年最も大きなエピソードだと感じています。(森山たつを)

森山たつを
海外就職研究家。米系IT企業に7年、日系大手製造業に2年勤務後、ビジネスクラスで1年間世界一周の旅に出る。帰国して日系IT企業で2年勤務後、アジア7か国で就職活動をした経験から「アジア海外就職」を多くの人と伝えている。著書に「アジア転職読本」(翔泳社)「はじめてのアジア海外就職」(さんこう社)がある。また、電子書籍「ビジネスクラスのバックパッカー もりぞお世界一周紀行」を連続刊行中。ツイッター @mota2008Google+、ブログ「もりぞお海外研究所
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中