明治が大きな利益出し、早稲田を逆転 FX対抗戦

印刷

   米次期大統領ドナルド・トランプ氏の経済政策への期待から、ドル高・株高の傾向が続いた。「トランプノミクス」「トランプ相場」などと囃す声も聞こえ、市場は熱を帯びた。早稲田YT、明治NSの両君もドル高の流れを正しくつかみ、利益を出した。とくに明治は、2日間にわたってロング(ドル買い)をキープして大勝利。残高が2000円を突破した。

ドル買い円売りの流れ続くと予想し(早稲田)

11月22日(火)

   早朝に福島県沖を震源とする強い地震があり、また米10年債利回りが低下していたことからリスク回避のムードが広がり、円買いが先行していた。午後になって、地震に対する懸念が和らいだことや、米10年債利回りが上昇に転じたことから、ドル買い円売りが優勢になると予想した。予想通り円安方向に振れ、利益を出すことができた。

   1ドル110.83円で買い、1ドル111.15円で売った。

   1707.52円が1739.54円になった。

11月24日(木)

   日経平均株価が続伸していたことや、FRBによる年内の利上げへの期待が高まって前日からドル買いが先行していたことから、引き続きドル買い円売りの流れが続くと予想した。その通り円安方向に振れて、利益を出すことができた。(早稲田YT)

   1ドル112.71円で買い、1ドル113.04円で売った。

   1739.54円が1772.39円になった。

先週からの損益 +64.87円
現在 1772.39円

ドル高示唆する指標信じ2日間(明治)

   今週(2016年11月21日~27日)のドル/円相場は110円台から113円台半ばまで上昇する展開となった。

   トランプ次期米国大統領の経済政策(トランプノミクス)への期待や、12月15日に予定される米FOMC政策金利発表で利上げが行われるのはほぼ確実と見られていることから、円安ドル高方向に動く結果となった。

   取引を見ていくと、23日の午前にロングのポジションを持ってから、その日の22時半に発表された米10月耐久財受注が前月比で+4.8%(予想+1.7%)であったことや米11月ミシガン大消費者信頼感指数確報が上方修正されたことが大きなドル高を進める要因となった。それらの期間に持ち続けた結果、大きな利益を上げることができた。

   今後は、11月30日の石油輸出国機構(OPEC)総会があり、ドル高要因となる石油の減産ができるかどうか。12月2日発表の米国11月雇用統計が、12月利上げ、その後の早期利上げを示唆できるほどよい結果となるかどうか。この2点がドル/円相場に大きな影響を与えるものとなると予想される。また、12月4日にイタリアで行われる、憲法改正の是非を問う国民投票で反グローバル化を標榜する勢力が勝利するという見方が強く、こちらはユーロに大きな影響を与えることになるだろう。(明治NS)

取引履歴

(1)11/23 10:51 111.095 ロング
(2)11/25 12:50 113.600 決済   損益+378.08
(3)11/25 12:52 113.576 ショート
(4)11/25 13:08 113.600 決済   損益-8.4円

先週からの損益 +369.68
現在 2000.33円

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中