「もったいないから持ち帰ろ」 宴席の残り物、包むのはあり?

印刷

   新年会などで出される宴会用のコース料理、食べきれずに食べ残しがたくさん出てしまい「ああ、もったいない!」......こんな経験をした人、多いのでは。

   どうせごみとして処分されるなら「持ち帰ってもいいんじゃないか」となるのが人情。さて宴席の残り物、包んで持ち帰るのはアリかナシか。

  • 捨てられるぐらいなら持ち帰りたい
    捨てられるぐらいなら持ち帰りたい

すき焼きの卵を根こそぎ

   Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」に、「飲み会でコース料理の残りって持って帰るのはありなんですか?」という質問が寄せられている(2016年12月19日)。

   投稿者の職場の忘年会はすき焼きだったそうだが、1人あたり3個ほど用意されていた卵をおかわりする人が少なく、大量に余った。それを目ざとく見つけたある女性職員が「もったいないから持って帰る!」と宣言、「根こそぎ持って帰って」しまったという。

   投稿者自身は、「主婦ってやっぱりしっかりしてるし、エコなんだな~ でも玉子(壊れ物)無事に持って帰れる技術がスゴイ!」と、余り物を持ち帰ること自体は「あり」だと感じたそうだが、「これってありですか?」「どう思いますか?」と、世間一般の意見が気になっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中