オバマ大統領が大詰めの一仕事 夫妻でホワイトハウスをご案内

印刷

   2期8年の任期を終えて2017年1月20日、退任するバラク・オバマ米大統領。その最後の仕事の一つとして1月14日、大統領自らがホワイトハウス内をVRで案内するWebコンテンツを、ホワイトハウスのFacebookページで公開した。

  • 大統領執務室で語りかけるオバマ大統領(ホワイトハウスのWebコンテンツから)
    大統領執務室で語りかけるオバマ大統領(ホワイトハウスのWebコンテンツから)

オバマ氏「テレビで見ていたよりも小さかった」

「この家は、これを見ているあなたとすべてのアメリカ人のものです」

   このセリフで始まるWebコンテンツでは、オバマ大統領とミシェル夫人の目を通して、ホワイトハウス内の、特に由緒ある9つの部屋を見学することができる。

   アイルランド人移民がデザインし、奴隷たちの労働によって建てられたホワイトハウスの外観を映し出したあと、画面は、最近バイデン副大統領が自由勲章を受章した「クロスホール」を経て、「大統領執務室(オーバルオフィス)」へ。ここで大統領本人が登場。

「この部屋の持ち主はアメリカの人びとであり、歴史あるこの場所を築くために投資してきたすべての人たちです。私たちが成し遂げたかったのは、ここは誰もがアクセスできる場所なのだと人びとに感じてもらうことでした」

   この場面で動画をクリックし、左右にドラッグして室内を眺めると、その名の通り部屋が楕円形(オーバル)であることが分かる。部屋の窓側には大統領の机、中央には2台のソファーと、りんごを山盛りにしたかごを載せたテーブル。

   オバマ氏はこの部屋に初めて足を踏み入れた日、「テレビで見ていたよりも小さいな」という印象を抱いたという。「ここに入った人たちがより親密な感じで集えるような」。

   窓からは、マーティン・ルーサー・キング牧師やエイブラハム・リンカーン第16代大統領の像が見える。そして、次の大統領となるドナルド・トランプ氏に引き継がれることなく、結局地元の機関に寄付されることになった、2人の娘たちのためのアスレチック遊具も。

ミシェル夫人「自分の家だと思えるまでに時間が...」

   ミシェル夫人が案内するのは、小さな夕食会のような集まりが開かれる「レッドルーム」と、かつてスティービー・ワンダーら有名ミュージシャンがライブを披露するなど、数々の公式イベントが催されてきた「ウェストルーム」。夫人は、

「ホワイトハウスをミュージアム(博物館)ではなく、自分の家のように思えるようになるには少し時間がかかりました」

と、本音を明かす。

   ウェストルームでは、華々しい行事だけでなく、ケネディ大統領が先鞭をつけ、暗殺後、後任のジョンソン大統領のもとで制定された公民権法、オバマ氏が成立にこぎつけた医療保険制度改革、通称オバマケアの署名も行われたと紹介。このコンテンツの中で、オバマ氏の大統領としての功績をさりげなく誇示している一場面だ。

   オバマ氏はたしかに、ホワイトハウスを身近なものにしたといえよう。新しい大統領を迎え入れる間際のホワイトハウスをじっくり見てみたいという人は、このFacebookページを訪れてみてはどうだろう。(岡徳之)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中