ペッパーくんが案内係見習い中 回転寿司店で空席・満席に対応

印刷

   ゼンショーホールディングス(HD)のグループ企業、はま寿司は、2016年秋から関東の回転寿司3店舗で人型ロボット「Pepper(ペッパー)」による受付や案内業務の実証実験を実施している。実証実験の結果をみて、全国の店舗での展開を検討する予定だという。

  • はま寿司で見習い中のペッパー
    はま寿司で見習い中のペッパー

狙いは「待ち時間短縮」

   専用のアプリケーションを搭載したペッパーが来店した客から人数や希望の座席などを聞き取り、対応する。空席がある場合は、ペッパーが座席番号の札を発券し、客はその番号に従って席に着く。満席の場合は、整理券を配り、座席の用意ができしだい呼び出して座席番号札を発券するしくみ。

   Pepperが受付から案内までの業務を担うことで、店員が他の業務に集中できる。客の待ち時間を短縮することが導入の狙いだという。

   ゼンショーHDの広報担当者は、J-CASTニュースの取材に対し、

「お客様や従業員からは『案内がスムーズになった』『負担が減った』という声が届いています。かわいらしいペッパーが案内役を担うことでワクワク感やエンターテインメント性を感じてもらえれば嬉しいです。」

と話した。

   実験はウィラ大井店(東京)、真岡店(栃木)、浦和店(埼玉)の3店舗で行われている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中