これがリアルな数字なのかっ! 女性の給料&貯金額調査に当惑

印刷

   新年度を見据え、気持ち新たに「給料アップ」「貯金」を目標にしたいと思っている人も多いのではないだろうか。

貯金「10万円未満」24%

貯金はなかなか溜まらない
貯金はなかなか溜まらない

   総務省の「家計調査報告2015年平均結果速報」によると、2人以上の世帯の「貯蓄額現在高(平均値)」は1805万円、中央値は1054万円だった。そのうち勤労者世帯(2人以上の世帯の51.2%)の貯蓄現在高(平均値)は1309万円、中央値は761万円だった。

   「みんなそんなに貯めているのか」と驚くばかりだが、働く女性たちのリアルな数字となると、ちょっと様子が違うようだ。

   株式会社エムスタイルが10~40代の女性に対して、「給料(手取り額)」、「現在の貯金額」などについて行った調査によると、1か月の収入(手取り)で最も多かったのは「16~20万円」36%だった。ついで、「11万円~15万円」21%、「10万円未満」18%、「21万円~25万円」11%、「26万円~30万円」「31万円~35万円」は7%となっている。「36万円~40万円」「40万円以上」については0%だった(女性のためのポータルサイト「健康美人」でアンケート調査を実施、回答数458人)。

   もらう額が少なければ、当然のことながら貯金も難しく、「現在の貯金額」については「10万円未満」24%が最も多く、「101万円~200万円」18%、「10万円~50万円」「51万円~100万円」が14%、「301万円~400万円」「貯金していない」が11%、「201万円~300万円」「500万円以上」4%、と続く結果になった。

   この結果はツイッターでも驚きを持って受け止められたようで、

「恐ろしく低い貯蓄率だな。自分のことは差し置いて結婚相手にはある程度の貯蓄額を求めてくるのか?」
   「貯金額10万以下で結婚する気なのか(困惑)」
   「元データがよくわからないけど、10万円を貯金と言ってもいいものかと思いますが貯金だから、ゆうちょ銀行の口座のみを聞いているのか。謎。私も貯金は10万円未満ですよ」
   「女性のお財布事情、90%が貯金をしているものの、4人に1人は貯金額10万円未満! これは緊急事態!」

といった声が上がっている。ただ、一方には、

「給料たくさんもらってないからねえ」
   「男だって趣味に全開で金使ってたら貯金10万以下なんてザラだよw」

と理解を示す声もあった。

「目標額」書いて頑張る

   少額ずつでも「はじめないと貯まらない」のが貯金の真実。女性向けのネット掲示板「ガールズちゃんねる」には「2017年の目標貯金額!」というトピックが立てられ、みなが思い思いの額を書き込んでいる(2017年1月1日公開)。

「私は社会人3年目一人暮らしで、2016年の目標は100万貯金が目標だったのですが急な出費が相次ぎ、一年で50万しか貯められず不本意でした... ?2017年こそは最低100万貯めます!!!」
   「今400万なので、470万くらいかな。超リアルな数字」
   「26歳、今年は100万は貯金したい!!! ?去年は全く貯金出来なかったから目標は高く!?(?_??)?」
   「50万目標。派遣の私には厳しいけど頑張りたい!(・∀・)」
   「24万円。ほんとに恥ずかしいけど、やっとマイナスが無くなったから。 ?ここに書いて、自分への戒めにします」

   お互いに励まし合いながら貯金したり、みんなで目標額を決めて貯める「シェア貯金」をしたりするのもよさそうだ。(KM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中