「アジア海外就職」という選択肢 一覧

内需が縮小する中、就職先を国内だけに求めてもムリがある。高度成長期の真っ只中にある「アジア海外就職」という選択肢も考えてみよう。新たな視野が開けるかもしれない。豊富な海外ネットワークから最新の情報を収集して提供する。
注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中