吉永春子さん

印刷

吉永春子さん死去、85歳 ドキュメンタリー「魔の731部隊」など制作

   昭和史の深層を掘り起こす数々のドキュメンタリーを制作したテレビプロデューサーの吉永春子さんが2016年11月4日、死去した。85歳だった。

   1955年に現在のTBSに入社。ラジオ記者を経てテレビに移り、「松川事件の真犯人」「魔の731部隊」など現代史の真相に迫る多くの番組を制作した。一つのテーマを長年追い続ける粘り強い取材で知られた。報道制作部長、JNN報道特集ディレクター、報道局長なども務め「報道のTBS」を牽引した。91年に退社後も、番組制作会社「現代センター」代表として800回を超えた長寿番組「ドキュメント・ナウ」を制作。民放のテレビドキュメンタリー報道の世界で長年トップランナーとして走り続けた。00年から07年まで毎日新聞「開かれた新聞委員会」の委員も務めた。

[続きを読む]

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中