「上級のSEXとは何か」、女医・宋美玄氏が「J-CAST」動画番組で激白

印刷

   『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』(2010年5月発売、ブックマン社)が大ベストセラーになった産婦人科の女医・宋美玄(ソン・ミヒョン)氏の最新刊『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス上級編』が、ブックマン社から2011年6月4日に発売され、話題を呼んでいる。

「セックスによって傷つく人がいるのは悲しいこと」

『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス上級編』
『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス上級編』

   「身も心も裸になって抱き合うのは究極のコミュニケーション。快感を共有することでパートナーを理解し、互いに愛情を注ぎあえる。それなのに、セックスによって傷つく人がいるのは悲しいことだと常々思っていた」という宋医師は、そうした不幸な人をこれ以上増やさないために、セックスの正しい知識やテクニックを広めたいと考えて「日本性科学会」の一員となり、医療・科学・文化などさまざまな方面から研さんを重ねてきたという。その集大成がまさにベストセラー本となったのだが、今作は、パートナーのことを思って対話を重視し、気持ちを満たし、身体の快感も同時に与え合う、ワンランク上の「本当に気持ちのいいセックス」を体験するためのヒントを模索する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中