「収穫の秋」と「米の味比べ」満喫 「米どころ」宮城・登米市で子どもたちが参加

印刷

   お米にもいろんな味があることがわかって、おもしろかった――3品種の米の収穫や試食を体験した子どもたちから、こんな感想があがった。日本有数の「米どころ」である宮城県登米市で、三菱電機が「炊き分け隊が行く!稲刈りイベント」を開き、日本全国から集まった6組12人の家族が稲刈りを体験した。

「ひとめぼれ」「東北194号」「ミルキープリンセス」の3品種を収穫

「炊き分け隊が行く!稲刈りイベント」参加者の集合写真
「炊き分け隊が行く!稲刈りイベント」参加者の集合写真

   ごはんを炊く「電気炊飯器」と保温専用の「電子ジャー」を融合させた「ジャー炊飯器」を三菱電機が業界で初めて発売してから40周年。これを記念して行った米作りプロジェクトの締めくくりとして、2012年10月14日に実施したイベントだ。

   5月20日に別の一般参加者の手で植えた3品種の米「ひとめぼれ」「東北194号」「ミルキープリンセス」を今回、収穫した。農作業が初体験の参加者が多く、子どもたちは「見た目以上に稲が重かった」「稲を束ねるのが難しかった」と、「大変さ」を口にしながらも、楽しそうに目を輝かせて稲刈りに取り組んでいた。

   参加した家族は、三菱ジャー炊飯器40周年記念モデル「蒸気レスIH 本炭釜」の新機能「炊分け名人」の説明を受けた後、3品種の米の性質に合わせて炊いたおにぎりを食べ、その食感や味の違いに驚きの声を上げていた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中