W杯公式バーガー「ジャパンバーガー ビーフメンチ」に行列 マクドナルド店内が青一色に

印刷

   日本マクドナルドは2014年6月18日、FIFA World Cup(ワールドカップ=W杯)公式ハンバーガー「ジャパンバーガー ビーフメンチ」を発売する。これにさきがけて12日、マクドナルド渋谷東映プラザ店で先行販売がおこなわれ、記念品が付いた同製品を求める人々が行列をなした。

メンチカツで日本が「勝つ」?

一足早く「ジャパンバーガー ビーフメンチ」を購入
一足早く「ジャパンバーガー ビーフメンチ」を購入

   「マクドナルド 2014 FIFAワールドカップ キャンペーン」のフラッグシップ(旗艦)店舗である同店の内装は、日本代表のチームカラーである青一色に。

   店長とドナルド・マクドナルドが先行販売の開始を宣言すると、青い上着(ユニフォーム、Tシャツ、シャツなど)などを着用して来店した人々が次々に先着200人限定の「ジャパンバーガー ビーフメンチ」スペシャルセットを注文し、記念品の「オリジナル Tシャツ」とともに商品を受け取った。

   「ジャパンバーガー ビーフメンチ」(単品399円、バリューセット699円)はサッカーボールをかたどったバンズにメンチカツとキャベツを挟み、6種類の野菜と果実をすりおろしたメンチカツ用ソースで仕上げた一品だ。

   さっそく食べた人からは、「サクサクしてておいしいです。バンズがボールの形なのも面白いですし、メンチカツっていうのもいいんじゃないですか、日本が『勝つ』ってことで。食べながら応援したいです」「すごいボリューム。これ食べてれば負ける気がしないです」などと、W杯に向けて気合たっぷりの感想がきかれた。

   マクドナルドはFIFAワールドカップオフィシャルスポンサー兼オフィシャルレストランとして、2014 FIFAワールドカップブラジル大会の開催にともなうキャンペーンを展開中。「ジャパンバーガー ビーフメンチ」や、日本のほか開催国のブラジルをはじめとした出場8ヵ国をイメージした公式ハンバーガーなど全14種類の商品を期間限定で順次販売している。多くの人に2014 FIFAワールドカップブラジル大会をより一層楽しんでもらいたいという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中