カセットテープのようなデザインの「ICレコーダー」、分かりやすいボタン配置で初心者もOK

印刷

   パナソニックは2014年10月17日、カセットテープ型デザインのICレコーダー「RR-SR30」を発売する。価格はオープン。

録音・再生時にはリールハブのイラストが回転

「RR-SR30」
「RR-SR30」

   テープレコーダーのような感覚で使える、分かりやすいボタン配置を採用したほか、表示画面の文字を見やすいように大きくすることで、ICレコーダー初心者でも簡単に操作できるようにした。録音・再生時には画面に表示されるリールハブのイラストが回転し、録音・再生していることを視覚的に表現する。

   内蔵ステレオマイク(L/R)と、直径28ミリのスピーカー2個を搭載し、よい音で録音、聞き取りやすい音で再生できる。内蔵メモリー容量は8ギガバイト。標準モードで約90時間、長時間モードで約180時間の録音が行える。

   本体サイズは幅109.9×高さ70.5×奥行き23.6ミリ、重量は106グラム(使用時)。電源には単4形アルカリ乾電池2個を使用する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中