インターネットでどれだけPRできた? 新しい効果測定「indicator」登場

印刷

   企業のマーケティング担当者は、テレビや新聞、雑誌などで自社の商品やサービスが紹介されると、露出時間や記事面積を基にした「広告価値換算」を行い、その媒体に広告を出した場合、どれだけのコストがかかるかという指標を出してきた。

   ところがWebメディアの出現で事態は変わってきている。たとえば、1つのサイトに記事が掲載されただけで、複数メディアの記事を集めて紹介する「ポータルサイト」や、個人が周囲に広めるSNSへ拡散していく場合がある。しかも、記事が出た半年後に、再び話題になったケースもある。初めに掲載されたサイトだけを見ていては、費用対効果の算出はできないのだ。

  • 今まで見えにくかったWebメディアのPR費用対効果を可視化
    今まで見えにくかったWebメディアのPR費用対効果を可視化
  • indicatorの主な機能
    indicatorの主な機能
  • 「web記事管理」画面イメージ
    「web記事管理」画面イメージ

たった30秒のシンプル操作 「情報資産」をトータル管理

   PR・マーケティング事業を専門とするアウルは、Web記事の効果測定クラウドツール「indicator(インディケーター)」を2015年6月16日に発売した。indicatorには、「Web記事の効果を可視化する」「想定PV(ページビュー)を算出する」「検索エンジンにおける記事順位を測定する」「類似記事をクリッピングする」「キーワードでクリッピングする」という、5つの機能が搭載されている。シンプルな操作で、記事を登録するのにかかる時間は30秒ほど。今までPRの費用対効果を算出するために、人の手で検索していた手間を大幅に省く。

   同社は、記事が拡散され、半永久的にアーカイブされるという、既存メディアにはなかったWebメディアの2つの特性をとらえ、Web上に露出されたコンテンツを「情報資産」として位置付ける。indicatorは、PR費用対効果を算出するだけではなく、情報資産をトータル管理できる、マーケティング担当者のためのお助けツールだ。

   利用料金は、初期費用5万4000円、月額16万2000円。半年以上の契約が条件。現在、1カ月間のトライアル利用が可能だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中