「音声認識でコンドーム発射!」 オカモト、斜め上のウェアラブルデバイスを開発

印刷

   眼鏡、時計、ランニングシューズ、歯ブラシからバスケットボールまで、最近インターネットとあらゆるモノをつなぐIoT(インターネットオブシングス)の開発が急速に進んでいる。そうしたモノの一つに数えることがはばかられそうな"避妊具"ではあるが、コンドームシェア国内No.1のオカモト(東京都文京区)では、時代の流れに乗り遅れまいと奮闘が続いているようだ。2016年2月9日にJ-CAST編集部に送られてきたリリースには

「世界初!?コンドームのためのウェアラブルデバイスを開発!」
「音声認識でコンドームが発射!」

といった文句が並んでいた。うーん、ちょっと何言ってるかよく分からない。

   ネタのようにも見えるがオカモトは至って真面目に開発したらしく、その経緯を特設ページで紹介している。一体どんなアイテムなのか。

  • 世界初?コンドームが自動で飛び出すベルト
    世界初?コンドームが自動で飛び出すベルト
  • 「ゼロワン!」と叫ぶと…
    「ゼロワン!」と叫ぶと…
  • 扉が自動で開いてコンドームが飛び出す仕組み
    扉が自動で開いてコンドームが飛び出す仕組み

着用して"ヘンシン"を促す

   同社は2015年12月に日本の性感染症や望まぬ妊娠を予防するための研究機関「LOVERS 研究所」を立ち上げた。その活動の一環として今回ウェアラブルデバイス開発を行った。

   きっかけは、研究所が実施した意識調査だった。18~29歳の未婚男女400人に対してコンドームの携帯に関する調査を行ったところ、「コンポジ(コンドームの置き場所、持ち運び方法を示す造語)」が定まっていない人が半数以上だという結果が出た。そこでオカモトは

1いつでも肌身離さず持ち運ぶことができる
2ベストなタイミングでスタイリッシュに取り出せる

   この2点を満たしたアイテムを作れば、いざという時にコンドームがない、または携帯し忘れた、といったアクシデントを防ぎ着用率向上につながるのではないかと考えた。

   開発した「ゼロワンベルト」はスマートウォッチ端末と連動したベルト型のデバイスで、時計に向かって「ゼロワン!」と叫ぶとバックルにあたる部分に仕込んだコンドームが射出される仕組みだ。特設ページ公開している紹介動画を見ると、本体は予想以上に巨大でごつく、叫んで作動するシステムと相まってなんだか某セミ型ライダーの変身グッズのようなアイテムになっている。

   ゼロワンベルトが実際に市販されるかはまだ明かされていないが、オカモトは今後ベルトを体験する機会を提供していく予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中