車線中央維持機能の新「スバル レガシィ」

印刷

   富士重工業は、「スバル レガシィ アウトバック/B4」に改良を施し2016年10月3日に発売する。

   車線中央維持機能を新たに搭載。併せて、アクティブレーンキープ機能の作動速度を従来の65キロ/h以上から60キロ/h以上に拡大し、ロングドライブでの負担を軽減した。また、ステアリングヒーターを標準仕様とし、10分で38度に、タイマー機能によって約30分後には自動的にオフになる。

   さらに、新色「オークブラウン・パール」をアウトバックに追加。フラッグシップモデルとしての価値を高めた。

   併せて、特別仕様車「LEGACY OUTBACK X-ADVANCE(エックスアドバンス)」と「LEGACY B4 SporVita(スポルヴィータ)」を設定した。

   価格は293万7600円(税込)~347万7600円(同)。

  • 改良でさらに快適性能アップ!
    改良でさらに快適性能アップ!
  • 改良でさらに快適性能アップ!
    改良でさらに快適性能アップ!
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中