リオ史上初のメダル獲得!3分で分かる「ウィルチェアーラグビー」動画公開

印刷

   日本スポーツ振興センターは、スポーツくじ(toto・BIG)の理念を伝えるWEBムービー「闘えることが、歓びだ。個のスキルを活かしてつかんだ、リオでの銅メダル。」を、2016年10月6日からスポーツ応援サイトにて公開している。

   WEBムービーでは、リオデジャネイロパラリンピックで史上初となる銅メダルを獲得したウィルチェアーラグビー日本代表選手たちが登場。パラリンピックへの出発直前、世界の舞台で躍進を続ける彼らの練習風景や、日本代表の中心選手である池透暢選手・池崎大輔選手がインタビューで、競技にかける想いや、2020年とその先の未来に向けたビジョン等について語っている。

動画より抜粋
動画より抜粋

   ウィルチェアーラグビーは、パラリンピック競技の中で唯一車いす同士がぶつかることが認められているとてもタフなスポーツ。ロンドンパラリンピックでの4位から4年。世界ランク3位で挑んだリオデジャネイロパラリンピックでは日本史上初となる銅メダルを獲得した。

trend_20161019113021.jpg

   WEBムービーは今回で9回目。応援サイトでは、過去に公開されたサッカー・香川真司選手やラグビー・五郎丸歩選手のインタビュー動画も視聴できる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中