冬のおやつNo.1の呼び声も! 森永「半熟ショコラ」がしっとり濃厚で激ウマ

印刷

   どんどん寒くなるこの季節、おやつには濃厚な味を求めるという人も少なくないだろう。スーパーやコンビニの棚でも、「濃密」「芳醇」「クリーミー」「コク」といった言葉を目にすることが増えた。

   そんな冬のおやつとして、森永製菓の「半熟ショコラ」がツイッターを中心に話題になっている。「チョコレート菓子を超えたウマさ」という評判やCMの影響で購入者が続出、「マジでウマい!」との声が次々と上がっているのだ。

  • パッケージからも市販のチョコレート菓子らしからぬ高級感が漂う
    パッケージからも市販のチョコレート菓子らしからぬ高級感が漂う
  • 中身はこんな感じ
    中身はこんな感じ

キルシュの風味をきかせた

   「半熟ショコラ」は2015年9月、秋冬限定商品として登場。2シーズン目の16年は10月11日に発売された。

   濃厚なビターチョコレートにケーキ生地をのせてミディアムレアに焼き上げ、半熟食感の新感覚チョコレートを実現。2年目はリニューアルし、キルシュ(チェリーのブランデー、アルコール分1%未満)の風味をきかせ、食感もよりしっとりさせた。

   これがツイッターで「もはやチョコレート菓子を超えた存在になっている」とまとめられた上、アニメ「野良スコ」とコラボレーションし、人気声優の杉田智和さんが出演するショートアニメが森永製菓公式YouTubeチャンネルで公開されたことでも話題に。

   食べてみた人から、

「森永の半熟ショコラ食べてるけど何これ美味しい...ビターチョコと洋酒の高級感...」
「めっちゃうまい!冬向けのお菓子の中でも断トツ」
「ガトーショコラ食べたい、でもお店まで行くのが面倒って時にいい」
「セブンで見かけてコーヒーと食べてるのだけど相性抜群である」

などなど、絶賛が相次いでいる。

   一方で、その美味しさのために

「一瞬でなくなる足りない............ファミリーパックないの???」

   と、内容量への不満を訴える声も上がっている。

確かに小さめ、少なめだけど...

   こんな高評価を聞き付けては試さずにはいられない。筆者もコンビニで購入し、食べてみることにした。

   「しっとりじんわり染みわたる」「ビターチョコと洋酒の余韻」「しっとり焼けたケーキチョコ」とのコピーが並ぶ外箱を開封、内袋を開けると、小指1本分ほどのサイズのチョコレートが5本入っている。確かに1つ1つは小さめ、量も少なめの印象だ。

   1つ食べてみると...ものすごくしっとり!チョコを焼いているということで多少サクッとした食感になっているのかと思いきや、硬さは一切ナシ。本当に小さなガトーショコラを食べている感覚だ。

   甘さはかなり抑えられているが、濃厚で洋酒のコクも感じられるので、空腹具合にもよるだろうが、1回のおやつタイムに1本でも満足度は高い。個人的にはこの内容量で丁度良いかも、と感じた。

   ツイッターでは

「朝から食べたらあかんやつやった(アルコールキツめ)」

との感想がみられ、パッケージ裏にも「運転時などや、お子様、お酒に弱い方、妊娠・授乳期の方はご注意ください」と書かれている。食べる際は気を付けよう。

   参考小売価格は194円(税込)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中