約95%以上の高湿度で野菜の鮮度を保持する冷蔵庫!

印刷

   東芝ライフスタイルは、6ドア冷凍冷蔵庫の新製品として、よく使う野菜室を冷蔵庫のまんなかにレイアウトした「VEGETA(べジータ、GR‐K600FWX、GR‐K600FW)」などの2シリーズ計8機種を、2016年11月中旬から順次発売する。

   冷気を除菌・脱臭する「ルネキャット(R)ユニット」に、従来機種に比べて約3倍の光出力(Optical OutputPower)性能を有するLEDを新たに採用。野菜の老化を促進するエチレン分解能力が約1.3倍にアップすることで、野菜の保存環境を向上した「新鮮 摘みたて野菜室」を搭載。使用頻度の高い野菜室は、冷蔵庫のまんなかにレイアウト。さらに「Ag抗菌野菜ボックス」を採用しており、野菜が容器に接触した際の付着菌増殖を抑制し、庫内を清潔に保つ。

   これらの効果によって、ミニトマトのリコピンなど、野菜の栄養素の保持率もアップする。

   また、野菜室は独自のツイン冷却によって高湿度の冷気を1日20回以上送ることで野菜の保存に最適な約95%以上の湿度環境を保つ「うるおい運転」によって、野菜の保存に適した環境を実現した。「うるおい運転」中は、コントロールパネルのLED「うるおい」が点灯して知らせる。

   上下2段レイアウトのチルドルームは、食品を重ねずに整理できるため、収納状況がひと目でわかる。独自のツイン冷却による食品が凍らないマイナス4度前後の高湿度冷気を送り込み、魚や肉などの生鮮食品を急速に冷却して、鮮度とおいしさを保つほか、冷却モード「速鮮チルド」設定時の吹き出し風量のアップと伝熱性能の高いアルミトレイの効果で、冷却速度を従来機種に比べて約2.2倍に高めた。

   新たに設けた「解凍」モードは、冷凍室で凍らせた食品を約30分で、包丁で切ることができる状態に解凍できる。また、真空断熱材や放熱性の性能向上、コンプレッサーの最適化による省エネ化も実現した。

   冷蔵庫の横幅と奥行きを抑えながら、内容積を拡大する高容積技術「マジック大容量」を採用した。

   いずれも、オープン価格。

  • 冷蔵庫の横幅と奥行きを抑えながら、高容積技術「マジック大容量」を採用!(写真は「VEGETA GR‐K600FWX」)
    冷蔵庫の横幅と奥行きを抑えながら、高容積技術「マジック大容量」を採用!(写真は「VEGETA GR‐K600FWX」)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中