JALの「スーパームーン」観賞会 親子112人招待で「空育」宣言

印刷

   JALは2016年11月14日、新たな次世代育成プログラムをスタートさせた。(1)飛行機を通じて「自分」の未来を考える(2)交流を通じて「日本・世界」の未来を考える(3)環境・宇宙を通じて「地球」の未来を考える、の3つを柱とし、子どもたちに向けたさまざまな活動に取り組み、2020年度末までに100万人を対象とするという。

   その第1弾「HAKUTO スーパームーン鑑賞チャーターフライト」が14日、成田国際空港で行われた。この日は、満月の大きさが2016年で最も大きく見えるという「スーパームーン」の観測予定日で、JALは日本初の民間月面調査チーム「HAKUTO」と協力して飛行機内の観賞会を企画し、小学生の親子112人を招待した。

  • 2016年11月14日17時15分撮影
    2016年11月14日17時15分撮影

その明るさは「太陽のよう」

   招待されたのは一般募集の抽選に当選した44人、宮城県南三陸町の入谷小学校の28人、熊本県の御船小学校、木倉小学校、広安西小学校、七滝中央小学校、飯野小学校、嘉島東小学校の40人。計112人を乗せたボーイング767-300型機は16時半に成田空港を出発し、宇都宮、山形空港、仙台空港、福島、水戸の順に飛行した。

   17時過ぎ、機体は雲の上へ抜けた。高度約1万1000メートルに達し、外は真っ暗だったが、「スーパームーン」だけが光り輝いて窓の外に見え隠れするようになった。普段以上に大きく、明るい。地上で見るときの黄色い月は、そこにはなかった。太陽のようにまばゆい光を放ち、その地肌の模様や色などは、何も確認できなかった。

   子どもたちは持参したカメラで「スーパームーン」に夢中となり、シャッターを押す手は止まらなかった。きれいな「お月様」をレンズに収め、顔をほころばせて撮った写真を見せてくれた。子どもの喜ぶ顔を見て、親も「来てよかった」とうれしそうだった。

   撮影タイムは18時頃に終了し、機体は18時20分頃、小雨の降る成田空港に帰還した。

「折り紙ヒコーキ」飛ばしのイベントも

   成田空港に到着した後、招待客を乗せたバスは格納庫へ移動し、そこで19時頃、もう1つの目玉企画が始まった。子どもたちが搭乗前に作っていた紙飛行機を遠くへ飛ばすイベント「折り紙ヒコーキ」だ。紙飛行機の中にはそれぞれの「夢」が描かれている。

   練習前には、折り紙ヒコーキ協会の藤原宣明さんが手本を見せた。子どもたちはJALの職員らと一緒に練習を重ねた後、横一列に並んで一斉に紙飛行機を飛ばした。

   最後は親子全員で記念写真を撮影し、「ヒコーキ」の合図で、にっこりと笑顔を見せてくれた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中