庵野秀明、「シン・ゴジラ」「エヴァ」の資料公開 原画作成のポイントは「目の位置」

印刷

   映画監督の庵野秀明氏は2016年11月22日、都内で行われた「株式会社カラー10周年記念展~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。~」のマスコミ内覧会に登場した。11月23日から30日まで開催される同イベントでは、庵野氏が代表を務める映像企画・製作会社カラーの代表作「エヴァンゲリオン」シリーズの原画や設定資料、氏が脚本・総監督を務めた今夏公開の映画「シン・ゴジラ」のひな形などが展示される。

   庵野氏は約15分間、報道陣の囲み取材に応じ、展覧会を「うちの会社がやってきた10年をぎゅっと詰めた感じだ」と紹介した上、「作品そのものではなく、作品を作るまでの過程の面白さを楽しんでもらえれば」と語った。

  • 庵野秀明氏(2016年11月22日撮影、以下すべて同じ)
    庵野秀明氏(2016年11月22日撮影、以下すべて同じ)
  • 映画「エヴァンゲリオン 新劇場版:序」の原画
    映画「エヴァンゲリオン 新劇場版:序」の原画
  • 映画「エヴァンゲリオン 新劇場版:破」の原画
    映画「エヴァンゲリオン 新劇場版:破」の原画
  • 映画「エヴァンゲリオン 新劇場版:Q」の原画
    映画「エヴァンゲリオン 新劇場版:Q」の原画
  • 映画「シン・ゴジラ」の「シン・ゴジラ」第2形態
    映画「シン・ゴジラ」の「シン・ゴジラ」第2形態
  • 映画「シン・ゴジラ」の「シン・ゴジラ」第3形態
    映画「シン・ゴジラ」の「シン・ゴジラ」第3形態
  • 映画「シン・ゴジラ」の「シン・ゴジラ」最終形態
    映画「シン・ゴジラ」の「シン・ゴジラ」最終形態
  • 短編映画「巨神兵東京に現わる」の巨神兵
    短編映画「巨神兵東京に現わる」の巨神兵

「シン・ゴジラ」が流行語大賞を獲っても、表彰式には「出ない」

   庵野氏が脚本・総監督を務めた映画「シン・ゴジラ」は、国内の「ゴジラ」映画では12年ぶりの新作だった。7月下旬に公開されると瞬く間に話題となり、その人気は社会現象ともなった。「ユーキャン新語・流行語大賞2016」の候補作品にも選ばれている。配給会社の東宝によると、興行収入は11月16日時点で80億円を突破している。

   展覧会では、「シン・ゴジラ」のひな形3つが展示されている。庵野氏は

「元々、ゴジラの本体はCGで作ろうという前提だったが、最初からCGで作るのではなく、立体物にしてからCGに落とし込んだ」

と語った。「シン・ゴジラ」は劇中で形態変化を繰り返すが、展覧会にあるのは第2形態、第3形態、最終形態のひな形だ。映画に形態変化を盛り込んだ理由を聞かれると、庵野氏は

「東宝さんは最初、それを嫌がっていた。『ゴジラはこういうものだ』というイメージを崩すのは...と。ただ、バンダイさんは3つ出せてうれしいです、と言ってくれた」

と打ち明けた。「新語・流行語大賞」にノミネートされた感想も聞かれたが、さらりと「特にないです」と受け流し、表彰式には「出ないです。東宝の人が行けばいい」という。

エヴァ劇場版3作の原画も展示される

   「エヴァンゲリオン」シリーズは、映画3作品「新劇場版:序」「新劇場版:破」「新劇場版:Q」の原画や設定資料が展示されている。最初の「序」が公開されたのは2007年、2作目は09年、3作目は12年だった。庵野氏によると、それぞれを比べると

「画は変わっている。同じ書き手でもディティールや画の雰囲気は変わってしまう」

という。原画作成では「動きそのものと、レイアウトといって画を構成する画面そのものと、シルエット」に気を配っているそうで、

「お客さんってまず顔を認識して全体を見るので、顔の位置というか目の位置って大事なんですよ。画面のどこにキャラクターの目があるかを探して、その目が何を見ているかを追うから」

と説明した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中